飛び

P1023594.jpg
P1023514.jpg
トビで撮影の練習。

P1023345.jpg
この距離でオオワシを撮りたい。

P1023883.jpg
ねぐらに帰るオオワシ。お腹いっぱいの様子だ。

お散歩グルさん

オオワシ180130a
ハクチョウを見ていた時、一人の方が「あそこにいるのグルじゃない?」と声をかけて来ました。
肉眼では黒点にしか見えませんが、撮影して見るとそれは確かにグルさんでした。その場には何人かいましたが、私が一番拡大できる機材だったので、みんな集まって来てモニターでその姿を確認しました。

オオワシ180130b
グルは歩き出すと、段々と遠くに行ってしまいました。


とある日のグルの記録。
諏訪湖の氷上に佇んでいたグルは、夕方に突然飛び出すと山側に向かって飛んで行き、そのまま高度を上げながら諏訪湖上空へ向かいました、徐々に高度を下げると、近くを飛んでいたカワアイサ(もしくはカワウ)を襲い始めたのです。急な方向展開を何度もしながらあと1mくらいの接近戦を展開しましたが、間一髪で交わしたカワアイサ?がそのまま振り切りました。グルは水面近くまで高度が落ちていたので、山側へ向かい上昇気流に乗ると、再び諏訪湖へ向かいました。しかし山の稜線に入ったところで、その姿を見失ってしまい、再度見つけることができませんでした。

諏訪湖のコハクチョウ その2

コハクチョウ180129a
氷上のコハクチョウ。

コハクチョウ180129b
舞う。

コハクチョウ180129c
着氷。

コハクチョウ180129d
市街地をバックに。

コハクチョウ180129e
八ヶ岳をバックに。

コハクチョウ180129f
その先に、

コハクチョウ180129g
仲間たち。

諏訪湖のコハクチョウ

コハクチョウ180127a
オオワシ撮影、後半戦スタートです。とは言っても、強烈な寒波でなかなかやる気が出ません。
諏訪湖中央にグルがいるの確認した後は、新しい撮影機材に慣れたいという思いもあってこの日は湖畔のハクチョウを撮ってきました。

コハクチョウ180127b
凍った湖面をてくてく。

コハクチョウ180127c
コハクチョウ180127d
コハクチョウ180127e
コハクチョウ180127f
うとうと・・・、ではなく毛繕い中の一コマ。

コハクチョウ180126a
一日前の諏訪湖。強風で湖面が荒れ、凍っていませんでした。

コハクチョウ180127g
全面結氷した諏訪湖では御神渡りが期待されています。

コハクチョウ180126b
しばらくは凍ったままなのでしょうかねえ。

氷上のグル

オオワシ180106a
現地に着いて諏訪湖をみると、凍ってる。山を見てもいないので、湖面を探すと・・・ああ、やっぱり・・・。
諏訪湖が凍るのは良いことですが、獲物を山に持ち帰らないので、撮影的にはちょっと・・・。
このとき、グルは何か食べていたようで、おこぼれが欲しいカラス?やトビが周囲に集まっています。

オオワシ180106b
山を下りて湖畔に見に行った時には、食事を終えてグルだけになっていました。
暖かいので氷が解けるかなと思いましたが、午後まで粘る気力はなく、帰宅となりました。

これにてオオワシの観察、撮影、前半戦が終了です。

15時からのフィーリング

グルは午前中、山の高いところにいました。
11時すぎ、獲物を見つけたようで、そこから高度を上げることなく一直線に諏訪湖へ出て着水しました。
獲物をつかみ、そのまま低いルートで麓の枝に止まります。
そこからグルは長い時間動きませんでした。

16時前、ついに動きが。
やはり高度を上げず一直線に諏訪湖へ出ます。物凄い加速、スピードです。
獲物を捕らえると、目の前を通るルートに入りました。来るぞ!

オオワシ180105a2
来た!!

オオワシ180105b2
近い!!

オオワシ180105c
初めて15時以降、近距離で見ました。
色々と課題が出てきます。逆光対策が出来ていません。
露出が完全に背景に来ています。これでシャッタースピード1/2000でした。

オオワシ180105d
背景に山が入り露出があったようです。これで1/800です。顔はかろうじて残っていますが、羽はぶれてますね。
なるほどー。

測光の設定をいじるか、マニュアルで合わせるのもありだな・・・

もう一つ修正箇所。通るルート分かってんだから予めピント合わせておけ〜一番美味しいところで2枚ロスしてるぞぉ〜。
収穫多い一日でした。

飛ぶ飛ぶ

20180103a
5日ほどオオワシを見に行けずストレスが溜まっていました。
今日は風が強く、オオワシ日和です。グルは10時過ぎから長い間、飛び回っていました。
また、初めてオジロワシを見ることができました(撮影はできず)。

20180103b
何度見ても美しいなあ。湖上に出る前、旋回して高度を上げていくのが好きです。

撮影に関しては、まだウォーミングアップの段階ですが、今のうちに「見ること」を楽しみたいですね。そして、様々な妄想を膨らませていきます。
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック