スミレ満開

スミレ探索に行ってきました。

スミレ探索1
まず目についたのが白いスミレ。
この場所は何度も通っているのでスミレがあることは知っていたが、花は見たことがなかった。
白い花を確認したことで、アリアケスミレと同定できた。珍しいスミレではないが、初めて確認した種類です。

スミレ探索2
スミレ探索3
花びらの先まで赤い色が入ったアリアケスミレ。中にはもっと赤いものもあるという。

まだまだ続きます
↓クリック
スミレ探索4
カラマツ、サクラ、モミジの新芽

スミレ探索5
ちょっと歩いてミツバツツジ

スミレ探索6
ツツジの下にスミレがひとつ。

スミレ探索7
アカマツの新芽とゾウムシの一種

スミレ探索8
山の斜面にはフデリンドウの花

スミレ探索9
同じ斜面にスミレ。

スミレ探索10
やや赤みが出ていて、花びらの先端に向けて淡い色になる。

スミレ探索11
フデリンドウとスミレが仲良く咲いている。

スミレ探索12
その斜面をさらに上ると、色の淡いアケボノスミレが咲いている。

スミレ探索13
そこにはムネボソアリの一種。(ヒメかチャイロ)

スミレ探索14
アケボノスミレの蜜を飲んで巣に帰る。

スミレ探索15
ニホンカナヘビ。春なのです。

スミレ探索16
日向ぼっこ。これはニホントカゲ。

スミレ探索17
タチツボスミレの群落。花のじゅうたんです。

スミレ探索18
さっきよりは僅かに赤いアケボノスミレ。

スミレ探索19
モリシタケアリの行列そばに咲くニオイタチツボスミレ。
アリ達も足を止めてお花見なのです。(んなわけない)

スミレ探索20
探索も終わり、帰ろうと車に乗ると、フロントガラスにハンミョウが。
茶色いハンミョウでした。今の時期にもいるんですね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スラダケさんお久しぶりです。
昼行性ミカドですが今日飛行しました。脱翅雌はヨツボシオオアリの様に木を登っていきます。なので飛行直後のわずかな時間しか採れませんでした。それでも多くの個体を得られました。コロニー化頑張ります。
モリシタケも1週間ほど前から雌雄が出てきて交尾もしています。ペアリングして飼育してみます。
フシボソ多雌と茶色アメケも生存していて今年はワーカーが見られそうです。


No title

としおさんお久しぶりです。ご報告ありがとうございます。
例のオオアリも飛行したのですね。今年は全体的に季節の進行が早い気がします。
個人的にはモリシタの飼育が全くダメだったので、としおさんのを期待しています。茶色アメケも楽しみにしています。

トカゲ カナヘビ 違い

最新記事のトゲアリも気になるのですが、二ホントカゲを久しさに見せていただいたので。庭にはカナヘビが可愛らしく生息してますが、二ホントカゲは稀有です。昔見た婚姻色のトカゲは仲間と喧嘩中?で、カナヘビより強く、気軽に飼育出来るとは思えない印象を受けました。美しいハンミョウはいつか飼いたいと思いますが、二ホントカゲよりも更に居なく、栃木県の太平山の麓の神社で一回見ただけです。つくづく縁が無いです。

No title

羽衣さんこんばんは。
昔栃木に住んでいたので、太平山、懐かしいです。
子供の頃のトカゲ採りといえば、カナヘビでした。
ニホントカゲは見る機会が少なく、いても逃げ足が速いので、捕まえた時は嬉しかったです。
今ではニホントカゲの方がよく見かけます。猫が捕まえてくるのも大抵はこのトカゲです。
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック