オオズ家

P9490281.jpg
4月に東京で採集してきたオオズアリ。順調に増えています。とてもパワフルで食欲旺盛なのは見ていて楽しいです。
そろそろケースを増設しないと・・・

P9490284.jpg
アズマオオズアリ。以前同居させたアリノスコブエンマムシは、初期コロニーへ入れたものが生きています。
大きなコロニーへ入れたのものは攻撃されて死んでしまいました。


P9490286.jpg
これはさらに小さいヒメオオズアリ。
砂で飼育しているものは、砂が崩れて巣の形が綺麗にならなかったのですが、中のアリたちはすごい元気です。
エサもそれほど与えてないのに、みんなお腹が大きい。
昨年巣内交尾をした新女王は、巣から取り出して3匹の多雌飼育で新規創設に挑みました。
先日無事にワーカーが誕生して、ペアリングが成功していることが確認できました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スラダケさんこんばんは。
うちのオオズも極めて元気ですが、動きが早く餌やりが大変です…(汗)
例年、7月~9月になると凶暴になります。
春先から6月頃までは静かで、飼育ケースの蓋を開けても脱走者を出さずに餌の交換ができます。現在は無理です。いきおいよく飛び出してくるので、餌は餌用の穴から投入しています。この時期はワーカーが増える時期なので肉系、密系共に十分に与えています。
冬場に寒さで数が減るワーカー分を一気に確保します。ここで増やしておかないと滅亡します。過去に肉系の餌を与えずに維持していたら増員が進まず、1コロニーをダメにしました…(汗)
オオズは上手く新女王と雄を誕生させることができれば巣内交尾でさらに多雌になるかもしれませんね…

No title

nonさんこんばんは。
オオズ思ったより逃げますねえ。素早いし。
逃げたアリを戻そうとするとさらに逃げません?
冬はアギトと一緒に10~15度で管理しようと思っています。
将来的にはヒメオオズ同様巣内交尾でコロニーを拡大できたらいいですね。

No title

スラダケさんこんにちは。
オオズ、そうですよね、同感です…(笑)
今年はまだありませんが、逃げたアリを戻そうと思いトライすると数倍のアリがさらに逃げて収拾がつかなくなる。昨年は何度苦しめられたことか。夏の格闘です…(笑・汗・疲)
今シーズンはこの現象がアメイロケアリやフシボソの寄主のトビケで繰り返えされています。アメケは地中性だからそうでもないだろうと思っていましたが、動きは結構速いです。焦れば焦るほど「ドツボ」にはまります…(汗・疲)

No title

nonさんこんばんは。
やはりそうなりますよね・・・
ところでフシボソ、うちのは壊滅しました。春先は生き生きしていたのに・・・

No title

スラダケさんこんばんは。
フシボソの壊滅、残念です…
こちらのは好調とまでは言えませんが、繭からワーカーが羽化しています。現在3コロニーに幼虫や繭があり、内1コロニーで羽化が見られます。
ただ、数が伸びません。30匹~40匹で今年は終わりそうです…(汗)
春から卵、幼虫等が見られないコロニーは現在も状況が変わっていません…(汗)
うちの寄主はトビケですが「寄主としての相性」は悪くないです。リベンジを期待しております。

No title

nonさんこんばんは。
良い時と悪い時の差がありますね。
うちのは昨年、土飼育で調子よくて、今年石膏巣にして春先は昨年の勢いがまだ残っていたのですが、そこから失速して本当に元気がない感じでした。
nonさんの順調なフシボソが調子を維持してくれるといいのですが。

スラダケさんこんばんは。
オオズアリはこちらでは比較的普通で、以前飼育していましたが、餌やりがしんどくてリリースしました。餌への食いつきがよくて見ていて楽しめました。
フシボソ残念ですね・・・。クサアリの仲間は難しいですね。
フシボソの女王を4匹トビケに寄生させたものですが、産卵が始まり3匹がボンレスになりました。4匹が一緒に卵塊に寄り添い、グルーミングも見られます。餌が足りないのか何故か1匹だけボンレスになっていません。
クサモドの多雌は女王同士で喧嘩するので無理そうです。特に噛み付く力は強く、触覚や足はすぐに噛み切ってしまいます。寄生前はお互い無関心なんですがね・・・。


No title

スラダケさん、としおさんこんばんは。
オオズ、脱走すると厄介ですが、自分も見ていて楽しい種です。特に兵アリは数少ないですがインパクトがあり好みです…
クサモドの多雌は以前チャレンジしましたが、としおさんと同様の結果となりました。最初は各女王がお互い無関心で上手くいくかと思っていましたが、その後、喧嘩が始まり、触覚や足などが切られるなどして自滅してしまいました。
参考までにクロクサですが、多雌では喧嘩には至りませんが、トゲアリ同様、女王どうしがダンゴ状態で塊となり、そのまま数日間経過し、体力を消耗して自滅しました。何回か試みましたが同じ結末でした。
フシボソの多雌はいけそうな気がします。

No title

としおさん、nonさんこんばんは。
クサアリモドキの多雌飼育は難しいのですね。
自分はクサアリの多雌はやったことがないのでよくわかりませんでした。

クサアリ類は幼虫が全く育たない時があります。今回のフシボソやオオクロクサなどがそうでした。
幼虫の成長に欠かせない何かがあるのかと思いました。
みなさんのクサアリが今後どうなるのか・・・また続報をお聞かせいただければ嬉しく思います。
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック