雌雄モザイクのクロヤマアリ

変わった形のクロヤマアリが歩いていると思って見たら、珍しい雌雄モザイクの個体でした。

P9480625.jpg
右側が雌、左側が雄になってます。

P9480609.jpg
雄側



P9480638.jpg
雌側

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スラダケさんこんばんは。
どうしてこのような個体が誕生するのでしょう!
サムライアリでは雄と雌の中間型の個体を2匹飼育していますが、昨年採集のもので産卵もしません…(汗)
今後どうしようかと思いつつクロヤマと同居させて維持しています…(苦)

No title

スラダケさんこんばんは。
このような雌雄モザイクの個体がいると知ってはいましたが、
写真で改めて見ると少し不気味に感じます。
どのような要因でこうなってしまうのかとても不思議です。
この個体だけでコロニー創設ができるのか知りたいとこです。
アギトのように雌雄の形態差が大きい種の雌雄モザイクの個体も
見てみたいですね。

No title

nonさんこんにちは。
このような個体が生まれることは決して良いことではないと思うので、複雑ですね。
サムライアリの雄と雌の中間型ですか・・・しかも2匹とは。
左右で分かれているわけではないのですね?

akiさんこんにちは。
こういった奇形は繁殖できないと聞きます。
アギトでモザイクいいですね~
モザイクにも、綺麗に左右分かれたものから、少しだけ差があるものまで色々ですが、とくに前者のアギトはどんなものか見てみたいです。

No title

スラダケさんこんばんは。
うちのサムライは働きアリを女王サイズにして腹部が大きい感じです…
一番の特徴は胸部が発達していないので、働きアリ同様細いです。
これって何でしょうねぇ。

No title

nonさん初めまして。
その女王はオスを生産する職蟻型のように思えます。職蟻型も奴隷狩りに参加する可能性があるそうです。
イソアシナガアリですが6月に巣内に雌雄がみられたそうですよ。

スラダケさんこんにちは。
ケブカですが交尾したと思われる女王がやっと産卵しました。6個ありますが、ばらけて置かれていて嫌な予感がします。

モザイクは受精の時に上手くいかなかったんでしょうかね?
クロヤマの話になりますが、近所のクロヤマの女王はほとんど小型です。大型ワーカーより小さいです。
小型といっても、腹部がやけに小さいものと、細長いものがいます。これは卵巣が発達したからなのか別種なのか。
クロヤマの話題は上げたらきりがないので、ここまでにしておきます。

デカクサについてですが、大きさはどのくらいなんでしょうか?有翅雌はクロクサと比べて上から見てもわかりますか?


No title

としおさんこんばんは。
飼育下でペアリングした個体は、たとえ交尾を見ていても、働きアリが生まれるまで不安ですね。
クロヤマはあまり観察しないのですが、色々いそうですね。モザイクになる理由は検索してみましたが、あまりよく理解できませんでした。

デカクサですが、クロクサとは全然違います。肉眼でもすぐ分かります。
クロクサは、体毛が多いためか褐色に見えますが、デカクサは黒光りします。
サイズは、ちゃんと測ったことがないのですが、クロクサよりは明らかに大きいですね・・・
モリシタのサイズに近いと思います。(モリシタ意外と大きいと思いません?)

No title

としおさん

並べて撮影してみました。
この方が分かりやすいでしょう。
http://blog-imgs-73.fc2.com/s/u/r/suradake/P9480658.jpg

上からデカクサ、クロクサ、モリシタです。

No title

としおさん初めまして、
宜しくお願いいたします。
うちのサムライの2個体は飛行後に正常な個体と同様に歩いていたものを採集しました。採集時は気づきませんでしたが、クロヤマに寄生させた後に明らかに他の個体と違うことが解りました。
採集した昨年は産卵しましたが育たず、今年は産卵はまだ見られません。
イソアシナガアリの情報提供ありがとうございます。
6月に雄雌が巣内で見られたのですね。このアリに関しては情報がなく飛行時期が解りませんが、6月、7月が怪しいと思っています…
飛行時間帯が夜間かもしれませんので、日中にとどまらず夕方も巣を見にいってみようと思っています。

No title

こんばんは。
雌雄同体個体、素晴らしいものを見せていただきました。
私も機会があれば探してみたいと思っています。

No title

博多権三さんこんにちは。
これ以外にも、カブトムシやカマキリのモザイクに出会っているので、注意して見ていればいるみたいです。個人的には蝶を見つけたい!

No title

nonさんこんにちは。
イソアシナガの脱翅雌採集大変そうですが頑張ってください。自分も7月頃に飛ぶと予想してます。秋口に飛行されたら困りものですが・・・。

スラダケさんこんにちは。
デカクサはモリシタケくらいあるのですね。この写真非常に助かります。ありがとうございます。オオクロクサアリに該当しそうな気もしますが自分にはなんとも言えません。

昨日クロヤマの小型女王を2コロニー採集しました。容器内に土が入っている状態なのですが、面白いことにワーカーと混じって一緒に巣を作っていました。こいつが本当に女王なのか怪しいですね。もう少し様子を見てみます。
以前に小型女王をペアリングで多雌コロニーを作ったのですが、1匹だけ餌場に出てきて、ミールワームを自ら襲い巣に持ち帰る行動をしていました。
クロヤマの飼育はあまりしたくありませんが、新たな発見の為に頑張ります。

ヤドリウメマツアリを採集しました。宿主はヒメウメマツアリのようです。ウメマツアリとは別種で、羽が短い新女王が多く生産され分巣で増えるもののようです。さらに単為生殖を行う個体もいるようです。
ヤドリウメマツは黄色く、ヒメウメマツのワーカーより小さいです。雌雄生産まで飼育してみます。


No title

としおさんこんにちは。
デカクサは、オオクロクサでokということが、先日確認とれました。
クロヤマは、栄養不良で小型になった雌が働きアリ化しているのでしょうかね。
ヤドリウメマツ・・・ウメマツを引き当てたときは探すようにはしてますが、まだ見つけていません。
ヒメウメマツは初めて名前を聞きました。翅の短いのと長いのが混ざったコロニーは見たことがあります。小さくて形も普通だからか飼育欲がなかなかでませんが、奥が深そうな分野ですね。

スラダケさんこんばんは。
オオクロクサでしたか!北海道と本州全域に分布しているようですが、女王を発見できずにいます。

羽の短い個体がいた場合はヒメウメマツでいいと思います。河川敷などに多いようですが、自分は林床で発見しました。

No title

オオクロクサですが、クロクサと同時期に脱翅雌が見られるようになるのですが、クロクサより早く終わってしまう感じがします。
性格もちょっと違うみたいです。クロクサは飛ばない時でも羽アリが巣の入口付近に多く見られるのに対し、オオクロクサは殆ど見られません。たまに雌が出てきますが、すぐに巣の奥に逃げてしまいます。いまいち飛行の全体像が見えてきません。このために巣から出てきた雌を撮影することができていません。この辺りは観察者が増えて他ではどうなのか聞きたいところです。ちなみにアメイロケアリの巣に寄生した雌を確認しています。

追記
ちょっとごちゃごちゃ文章になってしまいました。
クロクサとオオクロクサの脱翅雌が同時に見られるのに、クロクサの巣から多くの羽アリが出ているときに、オオクロクサの巣を見に行くと羽アリが出ていないという不思議を書きたかったのです。

No title

スラダケさん、としおさんこんにちは。
デカクサはオオクロクサアリなんですね…
自分もそれらしき脱翅雌を2回採集したことがあります。
クロクサのような体型ですが、艶があり、ひとまわり大きく、足も長い印象です。トビケに寄生させましたが、理想的に上手く馴染んだと思っていたらある日突然死んでいました。クロクサはよく見ますが、この女王は稀に見る程度です。
稀と言えば過去にも書きましたが、クサアリ属の女王で体長5mm弱ほどの大きさ、全体的にきゃしゃでスリムで腹部がオオハリアリのような細さ、腹部の先端にいくにつれて細くなり先が尖っているものを採集したことがあります。密系の餌をトビケから口移しでもらうと腹部は膨らみますが、膨らみ方がアギトアリのように横に広がらず、縦に伸びる感じて膨らみました。採集時期はさいたまで7月上旬でした。この女王はその翌年にも1回採集しました。2匹ともトビケに寄生させ、こちらも理想的に馴染んだと思ったら突然死んでしまいました。この小型でスリムなクサアリの女王は何なのかまったく不明です…(汗)
ちなみに、ネット上ではその姿は見たことがありません。クサアリ属は奥が深いです…

スラダケさん、nonさんこんにちは。
希と思われる蟻の飛行タイミングは普通種と比べて若干ズレがあるように思われますね。

nonさんの小型クサアリはコニシクロクサの可能性がありそうですね。新たな隠蔽種なのか。蟻に関する情報はネットだけではなかなか得られないので大変ですね。
自分も以前灯火でアメイロケアリより小さいアメケ女王を3匹採りました。その時はあまり詳しくなかったので特には思っていなかったのですが、ミヤマアメイロケなのかなと思っています。これは蟻研のほうに画像は上げております。
最近灯火で探していますが、アメケばっかりです。もうクロクサに乗っ取られたりして・・・。
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック