ツヤヒラタアリヤドリ



フシボソクサアリのコロニーを見に行きました。
目的はフシボソクサアリだけに寄生するツヤヒラタアリヤドリというハネカクシです。
フシボソクサアリの子育て
ちょっと可哀想な気もしましたが、巣口のカートン巣を少し崩してみました。
すると幼虫がたくさん出てきました。さらに目的だったツヤヒラタアリヤドリも数匹出てきました。

フシボソクサアリとツヤヒラタアリヤドリ
ツヤヒラタアリヤドリは行列にも見られました。

フシボソクサアリとツヤヒラタアリヤドリの栄養交換
直接栄養交換もします。


他にクロツヤクサアリハネカクシと思われる個体も行列付近を歩いていました。
クロツヤクサアリハネカクシ
フシボソクサアリの女王(飼育下)
フシボソクサアリの女王(飼育下)

採集できたツヤヒラタアリヤドリは、飼育しているフソボソクサアリの元へ入れて観察してみることにしました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スラダケさんこんにちは。
このハネカクシは栄養交換もするんですね、知りませんでした。
完全にコロニーの一員ですが同じ匂いを身にまとっているのでしょうかね。このフシボソの巣は大きいですね、ワーカーの数に圧倒されます。飼育下の女王も腹部が大きく順調そうで何よりです。
この状態だと産卵数も結構ありそうですね…

No title

スラダケさんこんにちは。
口移しをするとはなかなか強い共生関係にあるんですね。
フシボソと一緒の飼育、いいですね~。好蟻性昆虫をアリと一緒に飼育するのはちょっとした夢です。

No title

nonさんこんばんは。
観察しているとグルーミングをしたり、アリの体をなめたりもしていたので、匂いづけをしているのかもしれません。
フシボソの飼育の方は、一見元気なのですが、幼虫の成長がスムーズにいってない気がします。まだ繭が2個しかありません。土を入れたり試行錯誤してます。


博多権三さんこんばんは。
好蟻性のハネカクシの多くは、巣外でアリの見つけた獲物にを食べていると思いますが、ツヤヒラタはアリとも頻繁に栄養交換していますし、巣内にも多くいました。
クサアリの飼育は好蟻性生物もテーマにしているのですが、クサアリ自体の飼育が難しいのでどうなることやら。

No title

スラダケさんこんにちは。
こちらのフシボソも幼虫が成長しません。
孵化後の1令幼虫程度の大きさです…(涙)
2週間はこの状態が続いており、この先成長するのか…
ちなみにトビケが寄主です。

No title

nonさん
うちのフシボソも最初は同じような症状でした。デカクサを飼っていた時も成長しないし、クサアリは難しいですね。

No title

スラダケさんこんにちは。
デカクサもそうでしたか…
クサアリ属、難かしいですよね、それが自分の原動力となってます。
フシボソ、先程唯一1個の繭を確認しました…(悲)
無事羽化してもらいたいです…

No title

スラダケさんこんにちは。
昨日、寄生させたフシボソの1つで繭30程があるものを確認しました。喜びたいところですが、寄主のトビケが無事羽化を手伝い、その後、羽化したてのワーカーを襲わないか、排除行動が心配です…
フシボソの寄生情報がないので手探り状態です…(汗)
自分のところでは、土巣に石灰巣(餌場)を連結しており、順調なアメケやクサモドの場合、この時期、土巣から石灰巣に大量の繭が運び込まれてきます。例年この石灰巣部分でワーカーが羽化します。

No title

nonさんこんにちは。
結構あるみたいですね。繭ができていれば、羽化~羽化後も大丈夫な気がします。
ちなみにうちは繭が2つしかありません・・・裸蛹がやはり2つほどあります。見た目は元気に見えるのですが。卵、幼虫はそこそこいるのですが、なかなか先に進みません・・・

No title

スラダケさんこんばんは。
先ほど昨年トビケに寄生させたフシボソ女王のうちの1つで、1匹のフシボソワーカーが誕生しているのを確認しました…(喜)
ただ、周囲にトビケが集まり異物扱いされています。
攻撃は受けていませんが、女王を中心に働きアリが円を作るように周囲をトビケにとり囲まれています。最初のワーカーは洗礼を受けますが、何とか生きのびてほしいものです…(願)

No title

nonさん
さらに数が増えて、フシボソの勢力が強くなるといいですね。
うちのフシボソはぜんぜんダメです。
春先はいけると思ったのですが、幼虫が成長しません。

No title

スラダケさんこんばんは。
こちらのフシボソは様々です…
土巣と石灰巣(餌場)をチューブで連結した単純構造ですが、通常、石灰巣部分に卵、幼虫、繭が運ばれてきます。(クサモド、アメケも同じです)
石灰巣を見ると繭がたくさんあるもの、最近になって幼虫が急激に成長して繭を作り始めたもの、孵化したてのままの幼虫サイズで成長が止まっているもの、卵と成長していない小さな幼虫のもの、何もないものです。
驚いたのは、幼虫は成長を始めると、急激に大きくなることです。孵化したての1令幼虫サイズから10日ほどで繭になりました…

No title

スラダケさん
追記です…
羽化した1匹はまだ異物扱いされていますが無傷です…
見た感じクサモドワーカーにそっくりです。
自然下で見たら区別がつきません…(汗)
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック