クサアリ再び

時間ができたので、またテラニシケアリの生息地へ寄ってみました。

テラニシケアリ巣1
実は先日、テラニシケアリの巣である可能性が高い場所を見つけました。
それはアカマツの木の根元にあります。

テラニシケアリ巣2
根元には穴があって地下に続いており、そこから数えられる程度の働きアリが出入りしているのです。今まで何度もこの木のそばを通っていたのですが、これでは気がつかないわけです。
今の時期、他のクサアリはおびただしい数の働きアリが巣から出入りしているのですが・・・。
というか、ちゃんと元気なんだよね?と不安になってきます。

ここが巣だとすると、昨年見た行列の位置関係も納得できます。
あとは飛行の時期、この穴から羽アリが出てくれるかどうかですね・・・

今日ここへ来た本当の目的は、好蟻性昆虫を見ることだったので、クロクサアリやモリシタケアリの巣にも立ち寄りました。
モリシタケアリの巣にはハネカクシが多くみられました。
ヒメヒラタアリヤドリ?
早速アリの巣の生き物図鑑で調べてみました。・・・うーん、ヒメヒラタアリヤドリ辺りが近いかな?

ヤマトヒラタアリヤドリ?
さてさて、こちらは少し大きいですよ。ヤマトヒラタアリヤドリかな^^;(わかんねー

ヒゲナガヒラタアリヤドリ?
これはさっきのより、若干大きいです。個体差かなー。ヤマトよりやや大型のヒゲナガヒラタアリヤドリというのがいるみたいですが・・・・

続いてクロクサアリの巣へ
クロクサアリ巣2
腐った切り株に営巣しています。

マダラマルハヒロズコガ
そこで見つけたのは、マダラマルハヒロズコガ!
明日になったら忘れるような名前・・・

フシボソクサアリも見ておきたかったですが、ここで時間切れ。また後日観察してみたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スラダケさんこんにちは。
そちらも緑が濃くなりましたね。
テラニシは表面上は静かですが、地下で大帝国が築かれているんですかね。昨年の記録を読むと巣もそこそこ大きそうなので、翅アリの時期になると、あの特徴的な触覚を持つ新女王候補が姿を現す気がします。
アリとの関わりがある好蟻性昆虫もおもしろそうですね。

No title

nonさんこんばんは。
すっかり夏景色になってきました・・・
今はまだ昨年見られたような行列がありません。
結婚飛行を機に活発になるのかなと見ています。
好蟻性昆虫も生活史が不明なものが殆どですから、観察すればするほど発見があるような気がします。

No title

スラダケさんこんにちは。
アメケ、ヒゲナガアメケもそうですが、地上に出てこないで何を栄養源に生活しているのでしょうかね。想像では地中性のカイガラムシ、アブラム等の甘露を摂取していると思われますが、動物性タンパク質はどうしているのか気になるところです。ちなみにうちの近くの公園では毎年活動期を通して地上を出歩いているアメケの巣があります。これは極めて特殊な形態と思っているところです。基本的には森の中等の特定の樹種の根元付近を掘ると確認できます。この場合においてはその樹に付くアブラムシがいて、甘露をもらっているようです。
いずれにせよ地下の世界が気になります。
ところで、このテラニシの生息している「アカマツ」は枯れていませんか?上部は解りませんが下部の枝は枯れているような気がします。
枯れているとアカマツに付くアブラムシも付かないので、ますます何を栄養源にしているのか気になるところです。

No title

nonさんこんにちは。
おそらくアリマキが主な食糧なのでしょうね。
タンパク源は、地中でも他の昆虫に出くわして狩りでもしているのかなという想像ができます。
アメイロケに関しては、僕も地上にでているのを見ています。
ただ巣の周りだけで、遠くに出る個体はみませんでした。

アカマツですが、ご指摘の通り下部は枯れています。
上の方は葉がありましたが、他の木に比べると樹勢が弱い気がしました。アリの影響があるのでしょうか。

驚き!

スラダケさんこんにちは。
記事とまったく関係ない話で恐縮ですが…
先ほど近所をブラブラしていて何気なくオオズアリの生息地でもと現地へ行くと…
見慣れないやや大きめの艶のある綺麗なアリが行進していました。
近くでよく見ると独特の腹部を曲げた格好…
えっ、という言葉と共にその場でフリーズ。
なんと「イソアシナガアリ」です!
こんなさいたまの市街地の中心部で、ここは海辺じゃないよね…
本当にビックリです。
とりあえず周辺を探索すると2つの巣を確認。また、別の個所で初期ワーカーを見ました。創設して間もない巣があるようですが場所は解らず。雰囲気的に少なくとも3~4の巣が周囲にあると思われます。近所なのでちょくちょく足を運び結婚飛行の時期を探りたいと思っています。新女王の採集の可能性が高まりました!
ちなみに今日は雨上がりでしたが巣口に翅アリの姿は確認できませんでした。おまけですがルリアリもいました。

No title

nonさんこんばんは。
イソアシナガがいましたか!しかも近所とはいい場所を見つけましたね。
少しずつ北方や内陸にも進出しはじめているのでしょうか。
蝶ではナガサキアゲハやアカボシゴマダラなどが北上しているようですが、温暖化して住みやすくなっているのでしょうかね。
飛行に関しては全く情報が見られませんので、今後のご報告を楽しみにしています。

No title

スラダケさんこんばんは。
こんな内陸でイソアシが生息しているとは、冗談のような話です…
オオズアリはわりと関東の内陸での生息が確認されていますが、イソアシは今まで聞いたことがありません。
基本的に海の護岸など、沿岸に生息しているアリなので、今日の発見は本当に夢のようで驚きです!
アギトの生息地も驚きましたが、それ以上の驚きです…
今日はざっと見ただけなので、時間をかけて周囲の生息状況をさらに調べてみます。ただ、市街地で人が多く、外目には変な人になっていると思います…(汗)
ちなみに今日発見した巣はいずれも乾燥した場所で、コンクリートの隙間に営巣していました。やはり乾いた場所を好むようです…

No title

nonさんこんにちは。
データベースによると暖かいところでは内陸にもいるようですが、さすがに関東の(しかも埼玉)は予想外ですね。
まだ先月の東京で一度しか見ていませんが、コロニー採集は難しそうなところに営巣している印象です。
さらなるコロニーの発見を期待しています。

No title

スラダケさんこんにちは。
早速今日もイソアシを見に行って来ました。日があたり暑いせいか巣口には1匹もアリがいません。この状況だと完全に見落とします。イソアシがいるとはまったく解りません。とりあえず持参したコオロギを巣口に置くとあっという間に巣内に運び込まれました。イソアシの巣口は大きいので巣内への運び込みも楽で、早いです。印象としてあまり暑すぎると巣から出てこないようです。1度帰り午後の日陰が出来る頃に行くと外を歩いていました。でも数が少なかったです。昨日は曇りの時間帯が多く、わりと歩いていたので、生息状況の調査は曇りの日が良いようです。
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック