昨年と違う

P9440844.jpg

アギトアリ。久しぶりの写真
次々と孵化して、幼虫がたくさんいる。去年の今頃は卵だけだったので、この展開には驚いている。
飼育温度は18~20度だが、子育てに十分な温度ということだろうか。
若いワーカーの存在も、活性につながっているのかもしれない。
蛹になりそうな大きさの幼虫もいるし、女王の腹部も大きくなっているので、慌ててを世話を強化しているところだ。
だが、幼虫がたくさんいるからといって楽観視はできない。アギトアリの成長過程でつまづきになるのが、繭張りだ。
これに失敗する個体が多く、失敗すると確実に羽化できない。

オキナワアギトアリに変化はない。
昨年もアギトアリに比べ出足が遅かった。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スラダケさんこんにちは。
いや~羨ましい限りです…
自分から見れば十分にワーカーの生産サイクルに乗っている感があります。うちのアギトも少ないですが生きています。室温は13~15度ですが夏場と比べて極めて好調です。飼育ケースの蓋を開けるとワーカーが素早く巣穴に逃げ込みます。野生に近いです。やはりこのアリは比較的低温のほうが調子が良く、飼育下での適温は25度前後のような気がします。ちなみに繭張りは難かしそうですが、成功の秘訣なんかはありますか?

お久しぶりです。

おお、
大きなお腹。
野外でこんなお腹のワーカー、女王は見たことありません。
もしかして、越冬時はこうなっているのかな。

それにしても今後を楽しみにしています。

No title

nonさんこんばんは。
繭張りは木くずを入れる以外に思いつきません。
幼虫の数も増えてきているので、少し多いくらいどさっと入れてみようと思います。巣の外に入れておいても、アリが必要とき自分で巣内に運んでいきます。

いるまえかわさんこんばんは。
たぶん時期はあまり関係なくて、沢山食べてるからだと思います。
野生のも巣の奥にいるやつはどうなのでしょう。

No title

スラダケさんこんばんは。
木くずを置いておけば巣内に持ち込むんですね…
過去の記事を読み返せばよいのですが、このコロニーは多雌から単雌になったものでしょうか?昨年と今年の同時期の違いとして、昨年のこの時期は多雌だったが、現在は単雌となり思いもよらぬ変化が生じたのか気になったものですから…

No title

スラダケさんこんばんは。
どの個体も元気そうですね。
やはりワーカーが居るほうが調子がいいですね。
うちのアギトはまだ卵しか有りませんが、女王の腹部が大きく
元気そうなので、ワーカーの誕生を目標にがんばりたいと思います。
それと新しい巣の準備が出来たので、単雌にして様子を
みてみようと思います。

nonさんこんばんは。
私もアギトの飼育下での適温は25度前後くらいだと感じています。
去年はそれより高い温度になってしまい失敗してしまいましたので
今年の夏をどのように乗り切るか悩みます。

No title

nonさんこんばんは。
今はアギトは1コロニーしか飼育していません。
多雌から単雌になったコロニーです。

実は単雌になってからも、他の単雌コロニーをつなげて多雌化しようと試みました。しかしこのコロニーの働きアリが、他の女王を攻撃して弱らせたため、他のコロニーは滅んでしまいました。
前記事のハヤシクロヤマアリもそうなのですが、多雌化するには、羽アリを生産して交尾させ、元に戻すしかないと思っています。

akiさんこんばんは。
再び新女王の飼育を始められているようですが、女王単独でしょうか。
自分は、現地で新女王とワーカーを採集して一緒にし、コロニ化しました。
単独で飼育した場合でもワーカー誕生できたので、どちらがいいのかは微妙ですが・・・

No title

スラダケさんこんばんは。
アギト、単雌が基本という気がしますね…
生息地で存在した多雌コロニーは出戻りによる多雌なのかもしれませんね。飛行時期にあれだけ多くの脱翅雌が地上を歩き回っていたら元の巣に戻ってもおかしくありません。あと、巣内交尾による多雌化も考えられますね。いずれにせよ誰か解明してもらいたいです。

akiさんこんばんは。
夏の暑さ対策、悩みどころですよね…
特に関東の平野部での夏はキツイですので、大型の保冷温庫などの電化製品で一定温度を維持するしか頭に浮かびません…(汗)

No title

スラダケさんこんばんは。
多雌と単雌で飼育していますが、多雌の方は調子が良くないので
すべて単雌での飼育に移行しようと考えています。
ワーカーは女王とペアにする形で導入しましたが、効果は
有りませんでした。
もう少し多くワーカーを導入した方が良かったかもしれません。
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック