ビットチャージー カリオストロの城 ミニッツ基盤を搭載する

ルパンカリオストロの城1
2003年7月に発売されたビットチャージー、ルパン三世 カリオストロの城をオークションで購入しました。
ルパンが好きというのではなくて、ビットチャージーにミニッツ基盤を載せたときに、車内の空間にある程度余裕があるボディが欲しかったのと、このフィアットボディはビットチャージーの中ではリアルにできているので選びました。
キットにはルパン、次元、不二子のフィギュアも含まれています。

ルパンカリオストロの城2
ルパンカリオストロの城3
次元は拳銃を構えています。ですが重たいパーツなので、今回は使いません。
リヤのトランク部のスーパー チャージャーも再現されています。が・・・、これも重たいので使いません・・・。

ルパンカリオストロの城4
さてこのビットチャージーはトイラジコンなので、動きは前後進、左右のステアリング動作もカクカクです。
これをミニッツ基盤を用いて高性能RCにするために改造していきます。
まずはギヤ比の変更。ホイールをぐりぐり回し続けると、そのうちホイールが取れます。
そしたらノーマルのオレンジギヤを外します。

ルパンカリオストロの城5
使うギヤはビットレーサー用の赤いギヤです。ノーマルギヤでは走らせると鋭い加速でまともにコントロールできないのですが、このビットレーサーの赤ギヤは、ミニッツ基盤で動かす時、程よい加速、最高速になるのです。ホイールを戻して接着したら完了です。簡単そうに書きましたが、この作業は一番大変だし、慎重になる部分です。
続いてシャーシです。

ルパンカリオストロの城6
手前が加工したシャーシです。だいぶ切り取りました。最後に艶消し黒で塗装しています。

ルパンカリオストロの城7
先ほどのホイールとフロント部分を装着。
紫のスタビライザーサスが付いていますが、これは結局外しました。

ルパンカリオストロの城8
そしてサーボ、基盤を載せ、シャーシ作りは完了です。
サーボは飛行機用のウルトラマイクロサーボです。元は3ワイヤーですが、分解すると中に5つの線があるので、それをミニッツ基盤とつなぎます。

ルパンカリオストロの城8-2
スタビライザーサスの代わりにスプリングを入れてみました。この方が性能がいいみたいです。

ルパンカリオストロの城9
バッテリーはリポ70mAh。これも飛行機用です。

ルパンカリオストロの城10
続いて車内の調整。最初からフィギュアが車内にセットされていますが、そのままではボディを装着した時にシャーシの基盤と接触してしまいます。
そこで一度ルパンを切り離して高さを調整した後、厚さ0.3ミリの塩ビ板へ固定します。
これでぎりぎり車内に収まるサイズになりました。一応シートもそれっぽく書いてあります。

ルパンカリオストロの城11
で、助手席には不二子を持ってきました。映画の中でこのようなシーンがあるのかは知りませんが、いい雰囲気が出ていると思います。

ルパンカリオストロの城12
とても小さいけど表情がリアルに再現されているんですよね

ジオラマ作りたくなっちゃうなあ。


いざ走行! 最新作のビットチャージはこちら


動画は低速走行ですが、もっと速いスピードでも走れます。

ビットチャージー フィアット500 ルパン三世「カリオストロの城」仕様



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック