ツヤクロヤマアリ越冬状態へ

1408017b.jpg
ツヤクロは残りの蛹が3つとなり後続がいません。今年は終わりのようです。
その他のヤマアリも産卵がなくなっています。
写真は少し前の物ですが、大きなワーカー誕生しています。

話変わってツノアカヤマアリ。
ペアリング後1週間もしないうちに全滅となりました。
もう2度と飼いません。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スラダケさんこんばんは。
ツヤクロのワーカーはどのくらい増えましたでしょうか。
ツノアカヤマは難かしそうですねぇ。

No title

nonさんこんにちは。
ツヤクロカウントしてませんが、そろそろ1000くらいにはなると思います。
塚を作るヤマアリの飼育は難しそうです。

No title

スラダケさんこんばんは。
寒冷地のアリは越冬に入るのが早いですね。
野生の個体の活動期間が気になります。
塚を作るアリは、飼育下でも塚を再現する必要が有りそうですね。

No title

スラダケさんこんばんは。
ツヤクロ1,000ですか、これも凄いですね…
女王も当たりで、かつ、しっかり飼育してきたことが結果に繋がっていると思います。すごい愛情の深さを感じます…(笑)
このコロニーには来年もがんばってもらいたいです。
ちなみに、スラダケさんが住んでいるところの周囲の標高の高い山にはツヤクロは生息しているのでしょうか。

No title

akiさんこんにちは。
生息地では5月初めごろまだ雪が残っています。
活動期間は4~5ヶ月くらいではないでしょうか。
飼育下では4月後半から産卵していますのでちょうど4ヶ月経ちました。


nonさんこんにちは。
再来年辺りは羽アリ生産を目指したいです。
標高が高いところには生息してます。
ヤマクロは林のあるところにもいますが、ツヤクロは高原のような開けた場所に多いです。採集に来ますか?(笑)

No title

スラダケさん
ツヤクロ、開けた高原ですか、わりと生息してそうですね。
そこまで行く気力が…ありません…(笑)
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック