アギトアリ近況報告

アギトアリ140420
久々のアギトアリです。
昨年孵化が見られた多雌コロニーでは冬の間幼虫がいなくなりましたが、暖かくなってきて再び子育てが再開されました。
現在9匹の幼虫が確認できています。

幼虫の背中には2本の突起が出ていて、吸盤のように壁に張り付くことができます。
温度は20-25度で維持しています。孵化してからは餌やりも毎日するようにしました。
昨年から冷凍庫にストックしておいた昆虫類が役に立ちましたし、最近ではユスリカの仲間が大量発生していて、とても良い餌になります。

今の感じでは、羽化まで持って行けそうな気がします。
他のコロニーや単独個体は出遅れていて、今年の幼虫がまだ確認できていません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スラダケさんこんにちは。

いい感じですね、羽化までどの程度時間を要するのか気になります…
ちなみに、この幼虫達はいつ頃産卵され、孵化したものですか?
我が家のアギトの状況はまったく不明です。(汗)

No title

スラダケさんこんばんは。

多雌コロニーコロニーの方は調子が良くないようですね。
私のところもあまり調子が良くありません。
幼虫は確認できましたが、卵が無くなりました。
もう少し様子を見てダメでしたらコロニーを分けてみようと思います。


No title

nonさんこんばんは。
冬の間ずっと卵があったので、いつ産んだものか分かりませんが、昨年の観察では約35日で孵化しました。
温度が高く、食卵もしなければもっと早く生まれるはずです。

akiさんこんばんは。
多雌は争いが起こりますね。
うちはたまたま仲の良いQ2コロニーができて、幼虫も育っていますが・・・、分けた方が無難ですね。

No title

スラダケさんこんばんは。

これから本格的な活動シーズンになってきますので幼虫の成長速度等を含めて様々な点で興味深いです…
我が家のアギトの飼育ケースでは巣内が一部しか見えないので色々な面で参考になります。食卵等が出ると「キツイ」ので、スム-スにいくといいですね…

No title

スラダケさんこんばんは。

やはり多雌ではだめそうですね。
今日、女王2匹が争っているのを目撃してしまいました。
飼育してみないと分からないことが多いですね。


nonさんこんばんは。

アギトを含めたハリアリ系はデリケートで、すぐ卵や幼虫を
食べてしまうので大変です。
うまい飼育方法を見つけられればいいのですが、、、。
nonさんの所のアギトも順調であることを祈っています。

No title

akiさんこんにちは。
私はハリアリ系の飼育は、アギトとマガリアリのみでよく解りませんが、全般的に卵や幼虫等を食べてしまう傾向にあるようですね…
このへんについては、アギトを飼育する以前から飼育環境が重要でないかと思ったりしていました。そのため、観察重視型の飼育ではなくアリ達を自然な状態に近づけるため環境重視型の飼育で当初から行い、今に至っています。覆いを外せば中は多少見れるので、夏頃に様子を見てみようと思っています。上手くいっていなかったらお手上げですね。(汗)

No title

nonさんこんばんは。

私も飼育環境は重要だと考えていまして、
野外での営巣状態を出来る限り再現するのが
理想だと思います。
なのでnonさんの環境重視型の飼育でうまくいくのか
気になりますので、今後も教えて頂けたら幸いです。
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック