ホソオチョウとジャコウアゲハ

ホソオチョウ(雄)

ホソオチョウのお話です。
2008年。この蝶との出会いは偶然で、自転車に乗っている時に飛翔している個体を見つけたのです。
その時は、名前も思い出せませんでしたが、珍しい蝶という記憶があったので、とにかく捕まえなくてはと思い、着用していた帽子で捕獲に成功しました(笑)。
その後名前を思い出して調べてみましたが、外来種の扱いになっていました。
いつどのように日本に入ったかはよく分かりませんが、ホソオチョウが各地で発見されている原因として、人の手によって拡散されているという説があるようです。美種であることと、外来種としての認識がされていないため安易に放蝶してしまうようです。

ところで、ホソオチョウを発見した近辺には、在来種のジャコウアゲハが生息しているのですが、ホソオチョウと食草が同じなので、餌源の不足が懸念されています。ホソオチョウの産卵数は、ジャコウアゲハに比べ圧倒的に多く、同じ株に両者がいた場合、ジャコウアゲハに悪影響を与えるかもしれません。
上記と関係があるかは分かりませんが、先日(13年12月)久しぶりに現地を訪れたところ、かつてはジャコウアゲハの蛹が沢山あった場所に、ひとつもありませんでした。その場所は市(?)の草刈りが幼虫期と重なることがあるで、安定した生息ができないことも考えられます。
またホソオチョウ自身も、近親交配によりいずれは消滅するといわれています。

ホソオチョウの産卵
食草のウマノスズクサに産卵するホソオチョウ。

ホソオチョウの卵
ホソオチョウの卵。一箇所にまとめて産卵するが、その数は多い。

ジャコウアゲハの孵化
これはジャコウアゲハの孵化の様子。ホソオチョウに比べると卵の数は少ない。

ジャコウアゲハ雌
ジャコウアゲハとホソオチョウの生息域は重なっている。

ジャコウアゲハの幼虫
ジャコウアゲハの幼虫。

暖かくなったらもう一度行って、両種の生息を確認したいです。
次記事はホソオチョウの飼育記録です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック