中間型?のムネボソアリ

ムネボソアリの一種
中蟻研にも投稿した謎のムネボソアリ。
中間型の可能性が高いと思っているが、ムネボソアリ属には、ヤドリムネボソやキノムラヤドリなどの寄生種がいるので、ちょっと気になるところだ。
ヤドリはワーカーを出すが、キノムラヤドリは雌のみらしい。
キノムラヤドリは体色が黄褐色なので、この写真の個体は該当しないが、ヤドリならあるかも?と思った。
しかしヤドリの前伸腹節針は発達している。この個体は小さいし、コロニー内のワーカーの針も小さい。
胸部が小さい意外は、普通のムネボソにしか見えないのである。

補足
この個体は、2コロニーから、それぞれ1個体のみ採集した。
やたらと徘徊する。
両個体ともに、後翅は残っているが、前翅はない(綺麗に脱翅したのか元からないのか不明)。

ムネボソアリ普通型
これは普通のムネボソアリ女王。


見たことある方、情報ある方いれば、教えていただけると嬉しいです。

コメントの投稿

非公開コメント

スラダケさんこんにちは。

ムネボソにこんな奥深い世界があるのですね…
女王で比較すると違いが解りますね。
この不思議なムネボソのワーカーの大きさはどれくらいですか?
翅が抜けきれていないのも不思議です。飛行はしていない個体で、
巣内でワーカーにもがれた感んじがします。

nonさんこんばんは。
大きさは、女王と働きアリの中間ぐらいです。
確かにもがれたような翅ですよね
長期飼育をしてどれくらい生きるか・・・そして同じような個体が生まれてくるのか確認したいです。

スラダケさんこんばんは。

ムネボソは意外と面白いですね。
この中間型の個体の正体が気になります。
私は栄養不良の個体ではないかと思っています。
羽は形成不全でこのような形になっているようにみえます。

akiさんおはようございます。
もともと翅が未発達で飛べずに残ったのでしょうかね。
ムネボソはこのような個体が多いのでしょうか。
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック