LEDマクロリングフラッシュFC100

LEDマクロリングフラッシュFC100 PENTAX/OLYMPUS/Panasonic用
中国から出ている、安価のリングフラッシュを買ってみました。
単3電池4本で起動します。

今使用しているカメラ、パナソニックLUMIX G3へ取り付けます。
LEDマクロリングフラッシュFC100

レンズは、45mm/F2.8マクロレンズですが、フィルター径は46ミリです。
今回のFC100フラッシュには77 72 67 58 55 52 mmのアダブターが付いていますので、このレンズには取付できませんが、そこは気合でグリグリっと(まねしないでね)取り付けちゃいました。(-_-;

早速テスト。
使用目的は、昆虫(主にアリ)の生態撮影だったのですが・・・

P1050774.jpgまずオートホワイトバランスで撮影してみると、黄色っぽい写真になってしまいました。
LEDなので仕方ないですね。
早速、ホワイトバランスを手動で調整します。納得できるまで撮影、調整を繰り返します。

P1050988.jpgようやく、良い色合いになってきました。
光の当たり方もリングなので、均等でよいのですが・・・、問題は光量の弱さです。
ガイドナンバー15なんですが、本当かなあ?
動く被写体を接写するときは、シャッタースピードは速く、絞りもできるだけ絞り込みたいのですが、これらの数値は上げるほど出来上がりの写真は暗くなるので、強い光量が欲しいのです。
ちなみにこの写真は、FC100最大光量使用で、絞りF7~8、シャッタースピード1/100、ISO1600になります。
動く被写体なので、シャッタースピードをもっと上げたいのと、できればもっと絞りたいんです。
けど、現状の光量ではこれが限界なんです。実際少し足りなくて、ISO1600で補っている感じです。ISOは上げますとノイズが出るので、本来なら200~400で撮りたいのです。
結論は、LUMIX G3、45mm/F2.8マクロレンズで、動く小さな被写体を撮るという条件では、光量不足である。
ただし、背景が白かったり、動かない被写体になると、もっと使えると思います。次回またテストしてみようと思います。
ちなみに常時点灯の機能があって、動画撮影に便利です。でも常時点灯モードだとずっとピーって音がなるんです。
動画撮影に音声も入れる場合は要注意です。
あと、フラッシュモードでも常時点灯モードでも光量は同じです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック