特殊な温度管理 経過

586-1.jpg

1年に2回の活動期を設ける手法を試している亜高山オオアリ。
黒化ムネアカ(右)、とカラフトで、全く異なる結果が出ている。
写真を見てもらえば一目瞭然だが、同じ温度管理をしているのにも関わらず、黒化ムネアカは羽化間近の蛹と多量の卵。カラフトは幼虫の艶が増したものの、成長しない。
こんなことなら、低温管理を一か月伸ばしたほうが、よい結果になっていたか?まだまだ研究が必要な感じだ。

この温度管理は過密スケジュールなため、こうした時間的ロスは痛い。
ムネアカの蛹をひとつカラフトへ入れました。よい刺激になればと願って。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック