夕焼け

夕焼け
夕焼けが綺麗でした。大きくなったクヌギと合わせて。

アリ探し

クロオオアリとムネアカオオアリ170826
近所でアリ探しです。

アミメアリ170826
雨が降った後、引っ越しを始めたアミメアリ。

ホソヘリカメムシ
たぶんホソヘリカメムシ。クロヤマそっくりです。

アズマオオズアリ170820
標高1000m付近のアズマオオズアリ。そろそろ羽アリが羽化する頃です。

オオウロコアリ170820
オオウロコアリのポイントへ。そろそろ飛行が始まると思い夜に観察してみましたが、羽アリの姿は見られず・・・

8月後半から9月にかけて、普段目につかないアリが飛び始めるので楽しみにしているのですが、今のところシリアゲアリが目立ちます・・・

アメイロアリ Paratrechina flavipes

アメイロアリ170820a
アメイロアリの巣内。

アメイロアリ170820b
来季の飛行に備える。

メダカ今年の稚魚、近況

黒ラメ系170818a
卵からの黒ラメ個体です。早いものでは1センチ超えています。ちゃんとラメも入ってきました。
初の黒ラメで、どんなもんかなーと思っていましたが、なかなか綺麗で気に入りました。

黒ラメ系170818b
こちらも黒ラメ卵だと思いますが、赤くなりそうです。これはこれで面白そう。

白ミユキ系170818
白ミユキなど、光系混合バケツです。まだ1センチ未満が多く、色もいまいちです。

錦系も小さいものが多く、色も全く出ていません。来年だな。

小さな蟻を見る

苔生した林縁で小さな蟻を探してみました。

アメイロアリ170818
たくさんいるアメイロアリ。


ウメマツアリ170818
ウメマツアリの巣口。地中に営巣している。朽木でも見るが、同種なのか?・・・


カドフシアリ170818
目立たないけど、普通にいるカドフシアリ。


キイロシリアゲアリ170818
キイロシリアゲアリ。


アミメアリ170818
至る所に行列があるアミメアリ。最近になって、拡大するとカッコいいと気づいた。


ヤマトアシナガアリ170818
運んでいるのはアミメアリの蛹だろうか。ヤマトアシナガアリ。

なんか、もっと変わったやつが見たいな。

バナナトラップの様子

17081115b.jpg
切り株に置いてあるバナナ。
カブトムシ雄、オオスズメバチ、キイロスズメバチ、チャイロスズメバチ。8月11日夕方。

17081115a2.jpg
同じ日、クヌギにかけてあるバナナ。コガタスズメバチ。

17081204.jpg
12日早朝。カブトムシ雄1(11日と同一個体)、雌3匹(画像は2匹)。

17081313.jpg
13日昼ごろ、アオカナブンとシロテンハナムグリの仲間。この日はアオカナブン4匹確認。
そして、ついに、オオムラサキもやってきた。↓

17081312a.jpg
オオムラサキ雌。

17081312b.jpg
白い裏翅も素敵です。
バナナトラップ、こんなに楽しめるとは!


乗鞍2 アリは何処だ

クロキクシケアリ1
標高2700m付近、唯一見つけたアリ。デカイ。ツヤクシケアリかと思った。
全体的に細かなシワ、大きな前伸腹節針、頭楯の前縁は平らに見えた。

クロキクシケアリ2
これがクロキクシケアリか・・・・

じっくり観察できる場所を探さねば。

乗鞍1

1.jpg
観光です。乗鞍へ。景色と気温は最高でした。

2.jpg
マイカー規制されているので、バスで観光センターから山頂へ。

4.jpg
コマクサ。

5.jpg
ハイマツ。

6.jpg
規制線があり、動植物には殆ど触れることができません。

アリが歩いていません!探せばいるんだろうけど、場所的にムリ。

久々のオオズアリ

オオズアリ1
久々に登場です、オオズアリ。2年ぶりです(汗)
いい加減な飼育をしていました。というか、餌場に出てきちゃって、やる気を失ってしました。
もう一度オオズアリの性質を見直し、飼育ケースをリメイク、数日かけてコンディションを整えてきました。

オオズアリ2
観察しやすくなりました。観察して面白いアリなので、とても重要なことです。

オオズアリ3
兵アリの幼虫にエサ与える働きアリ。

オオズアリ4
見上げるほど大きな兵アリ。栄養交換も一苦労?

オオズアリ170807c
排泄する幼虫。
大きい方は蛹になる前にまとめて出しますが、小さい方は時々出しているようです。

エゾアカヤマアリ 結婚飛行

エゾアカヤマアリ結婚飛行1
エゾアカヤマアリの結婚飛行を観察してきました。

エゾアカヤマアリ結婚飛行2
午前6:50分現地着でしたが、すでに飛行は始まっていました。

エゾアカヤマアリ結婚飛行3
雄アリはブンブン飛び回っていました。

エゾアカヤマアリ結婚飛行4
飛び立った雄アリは近くに着地したので、結局同じ巣から出た雌と出会いました。

エゾアカヤマアリ結婚飛行5
巣口付近で飛ばずに歩き回り、交尾するペア。

エゾアカヤマアリ結婚飛行6
突然飛び乗った雄に、雌は少々驚いた様子を見せますが、最終的には交尾に至ります。

エゾアカヤマアリ結婚飛行7
交尾時間は30秒~60秒ほどで、他のヤマアリ属と同じような印象でした。

エゾアカヤマアリ結婚飛行8
最後は雌の方が強引に雄を引き離し、交尾が終了します。
交尾を終えた雌はすぐに脱翅するようすはなく、その後もうろうろしていました。

疲れ気味で寝坊したいという気持ちとの葛藤でしたが、いつもより早起きして出かけた甲斐がありました(笑)。短時間の観察でしたが、とても面白かったです。

バナナトラップ

170803a - コピー
クヌギの近くにバナナトラップを仕掛けてみました。
スズメバチとアオカナブン、カブトムシも飛来しました。

170802 - コピー
アオカナブンは2匹飛来して、ペアだったようです。繁殖させてみようかな。

170803b - コピー
チャイロスズメバチ

170803c - コピー
今日は何が飛んでくるかな~

スーパーコロニー?エゾアカヤマアリの群棲地

エゾアカヤマアリ1
エゾアカヤマアリの群棲地を発見しました。北海道では当たり前かもしれませんが、ここ信州でこれほどの規模は滅多に見られません。というか、初めて見ました。

エゾアカヤマアリ2
蟻塚の大きさも、今まで見てきたものとは比べ物にならないほど大きく、それも一つではなく、たくさんあるのです。

エゾアカヤマアリ2b
ぽつぽつと開いた巣口が素敵なのです。

エゾアカヤマアリ4
塚が3つの山になってつながっています。長さは3mくらいでしょうか。

エゾアカヤマアリ3
このような大きな塚は、ある程度の距離を開けて点在していますが、塚のない地面にも巣口がたくさん開いており、その距離は長いところで約50mにおよびます。おびただしい数のワーカーが隙間なく歩いているにも関わらず、抗争などの様子がないことから、隣の巣同士(境目というものはありませんが)は、仲良くしているものと思われます。
ただし、1番離れたところのワーカー同士は、合わせてみると少し抵抗を示しました。このあたりは、今後じっくりと観察してみたいと思います。

エゾアカヤマアリ5
ここの群生地は草むらから林内にかけてあります。林の中にも入ってみましょう。

エゾアカヤマアリ6
林に入ると蟻塚は見られませんが、木の根元には巣口が開いて、繭の抜け殻を搬出していました。

エゾアカヤマアリ7
エゾアカヤマアリ8
この地下でも、子育てが行われているようです。


(動画)
木の幹にはアリマキから甘露を集めてきたと思われるワーカーの大群が川のように流れてきます。
まるで、クサアリの行列です。
先月の観察会で、フシボソクサアリの巨大コロニーを見た方なら分かると思いますが、あれのエゾアカバージョンだと思っていただいて結構です。地面もアリの大群で、踏み場がありません。クサアリと違い、エゾアカヤマアリは攻撃性が強く、次々と足を登り噛みつきます。

エゾアカヤマアリ9
巣口付近にいるワーカーの群れ。どの個体もお腹が膨れていて健康的です。

エゾアカヤマアリ10
蟻塚に陽が当たると、暑くなったのか中から新女王の繭を運び出してきました。

エゾアカヤマアリ11

エゾアカヤマアリ、もうしばらく観察を続けます。
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック