ダイサギの捕食

ダイサギ170228a3

ダイサギ170228b



ダイサギ170228c

ダイサギ170228d

ダイサギ170228e
ハゼを捕えました。


ダイサギ170228f



ダイサギ170228g

ダイサギ170228h

ダイサギ170228i
ペロッと一飲み。

LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400

ダイサギa
ダイサギb

オオワシ、グル 今季見納め

オオワシ170224a
オオワシ170224b
オオワシ170224d
オオワシ170224c
撮影に関しては限界を感じるところまでできたのでスッキリしました。
また来年会えますように。

追記
この二日後26日に北方へ飛び立ち、姿が見えなくなったそうです。

オオワシが去る頃に

オオワシ、グルもあと2週間いてくれるかどうか・・・。
そうなると、つい見に行ってしまう・・・。

ノスリ170221
ノスリ。遠いですが、背景に薄い雲が入るとよいです。
風を感じるからでしょうか。

トビ170221
こんな遊びをしながらグルを待ちます。

オオワシ170221b
やってきました。

オオワシ170221a
今回は距離は遠かったものの、順光で、大きな手振れやピンボケも発生せず、トリミングしてもまずまずでした。
この感じで距離を縮められたらよいけれど、それは時の運。

ミコアイサ

ミコアイサ170220
ミコアイサといいます。パンダガモとも呼ばれています。白いのはオスで、手前の茶色いのがメスです。冬の渡り鳥なので、もう少しで見られなくなってしまいますね。
どんよりとした雲の下、撮影には不向きな条件でしたので、日を改めて見てみたいものです。

LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm 野鳥撮り

ジョウビタキ170218a
カメラのテスト撮影に行ってきました。
主に最近入手したLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmレンズのテストです。
どれだけ解像感がでるか、羽毛の繊細さを表現できるか見てみましょう。

ジョウビタキ170218ab
モデルは撮影に協力的なジョウビタキです。
以下大きな画像です。2MBまでしかアップできないので、背景はカットしています。
http://blog-imgs-102.fc2.com/s/u/r/suradake/201702182312226eb.jpg
焦点距離400mm F8 SS1/500 ISO640 GX7

http://blog-imgs-102.fc2.com/s/u/r/suradake/20170218231225641.jpg
焦点距離195mm F8 SS1/400 ISO400 GX7

オナガガモ170218a
オナガガモ170218b
飛び物は難しいですねえ。ISO1600ということもあり、かなりノイズも出ました。しょぼいので大きいサイズはありません。

カモの一種170218
これは大きいのを張っておきます。
http://blog-imgs-102.fc2.com/s/u/r/suradake/20170218231303bb1.jpg

あまりカメラは詳しくないので適切な評価はできませんが、個人的には満足です。
やはり一番大切なのは、どれだけ被写体に寄れるかだと思いました。

消毒完了

消毒しました17
だいぶ遅くなってしまいましたが、硫黄合剤で消毒しました。
なんか少しずつ鉢が増えてるような・・・(-. - ;

黒松170216
後は芽吹きを待つのみ!? あ、植え替えもしなくちゃだー
なんだかんだで結局ぎりぎりになっちゃうのよね。

土の買い出ししないと。

バードウォッチング13(完) オオワシのいる風景

オオワシ170215
LUMIX GX7 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm 加工:トリミング、シャープネス

オオワシ、グルの撮影も、何日目だろうか。
納得のいく成果が出ないまま、本日のこの一枚をもって、精根尽き果てました。
今までで一番表情を捉え、背景に諏訪湖が入った点はよかったですが、加工でごまかしている部分も多々あり、理想とは程遠いです。

残念な思いもありますが、もっとも大切なのは、グルがそこにいるということです。
改めて諏訪の自然の豊かさを思い知る機会にもなり、これからもこのような自然と触れ合っていけたらと思います。

バードウォッチング12 グルは遠く・・・

suwa.jpg
再びオオワシ、グルを求め、諏訪湖を一望できるポイントへ。

トビ0214a
トビ0214b
カメラの設定も決まったので、目の前を通過するトビで実戦練習・・・


ノスリ170214
諏訪湖をバックに、ノスリ。

ハイタカ170214
上空をハイタカが通過。

ジョウビタキ170214
目の前にジョウビタキが止まりました。

オオワシ170214
この日グルは主に岡谷~下諏訪の方を飛び、獲物をぶら下げたまま、遠くを通過していきました。
なかなか上手くいかないんだな。

別の日の失敗作。フレームに収まらないほど近くを飛びましたが・・・
太陽、グルの飛ぶ位置と、自分のポジションを誤りました。逆光です。ピントの甘さ、手振れも重なり、解像度がいまいちでした。
過去に保護された際につけられた、足輪が見えます。
http://blog-imgs-102.fc2.com/s/u/r/suradake/20170213145637bd3.jpg
http://blog-imgs-102.fc2.com/s/u/r/suradake/20170213145638b47.jpg
http://blog-imgs-102.fc2.com/s/u/r/suradake/201702131456397d2.jpg
http://blog-imgs-102.fc2.com/s/u/r/suradake/20170213145641021.jpg
http://blog-imgs-102.fc2.com/s/u/r/suradake/201702131456420a1.jpg

バードウォッチング11 オオワシに最接近も失敗・・・

再びオオワシ、グルの撮影にトライ。

グルが上空に飛び立ってからかなり時間が経った。
なかなか戻ってこないので、その時に備えて、カメラ設定を見直していたら、まさかのフリーズ。
動かないなあと首を傾げて再起動してみるかと思ったその時、グルが目の前を通過。おいいい!

慌てて再起動するも動かず、バッテリー挿し直しでやっと動く。もうこの時点でかなりパニック。
すでにグルは目の前から頭上に移動。
焦っているのでまともに焦点も合わせられず終始グドグドでした。。。
4時間ぐらい座り込みして、一回、目の前を通るかどうかなのに、そのタイミングでカメラフリーズとは・・・

オオワシ170210a
それでも近かったので、今までで一番大きくは撮れましたけど。
最高のタイミングは逃しているので、悔しさしかありません。
(EXテレコン1段分くらいはトリミングしてます)

今日で決着したかったけど、こんな内容なので来週も出ることになりそうです。でも明日からは少し仕事します・・・

オオワシ170210b
これはこれで、羽が綺麗なのでいいんですけどね。

バードウォッチング10 Lumix 100-400mmレンズを導入して

Panasonic マイクロフォーサーズ用 超望遠ズームレンズ LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400


最近使い始めたレンズ。
マイクロフォーサーズとしては最大倍率のレンズですね。
鳥だけでなく、蝶やトンボなどのマクロ撮影でも活躍できそうなので、思い切って購入してみました。
もちろんこの季節は、鳥がターゲットとなります。

トビ170208a
トビ0208b
まだ設定が決まらず、調整中です。設定が決まったところで腕がついていくか微妙なところですが・・・
ひたすらトビで練習。

ノスリ、トビ170208
ノスリも登場。トビとニアミス。

オオワシ170207b
先日のオオワシ。

いずれもトリミングしています。しなくても画面一杯くらいに撮れればよいですが、これは近くを飛んでくれるか運次第です。
悩みはAFをどう使うかです。AFSで合わせて、微調整をMFでするか。止まりものはそれでいいんだけど。
オオワシのような飛びものはAFCかな?。でも背景が建物になると、なかなか迷って合ってくれません。上の写真も一番おいしいところでピントずれがありました。あとは被写体を中央からずらさないよう、がんばるしかありません。

オオワシが北方に帰ってしまうのももうすぐ。もうちょっと近くで、ピントばっちりの写真撮りたいですねぇ。

オオワシ、グル。バードウォッチング9

オオワシ170207
高台から初めてとらえたオオワシ、グル。魚を掴んでいる。
今までで一番近く、表情も少し見えます。

不満足な部分も多々あり、試行錯誤は続きます。

バードウォッチング8

バードウォッチングが冬の楽しみとして定着しつつある。
寒いのが苦手ながら、外を歩き回ろうと思えるようになったことは、良い傾向だと思う。

コハクチョウ170203a
何かを主張しているコハクチョウ。

コハクチョウ170203b
優しそうなイメージの白鳥であるが・・・・

コハクチョウ170203c
時に残酷である。

目が赤いのは光の加減であって、気にする必要はない。
すぐに離され、何事もなく泳ぎ始めた。

ヒドリガモ170203
ヒドリガモの群れ。

オオワシ170203
オオワシのグルも、飛んでました。

バードウォッチング7 オオワシ、グル初見

地元にオオワシが毎年飛来しているが、まだ一度も見たことがない。
ネットで情報収集をしてから、張り込んでみたが、捜索1日目はぼうず。
ある鉄塔付近に出現するらしいが、いまいち分からない。

そして本日2月1日、2日目の捜索。
諏訪のオオワシは有名で、愛好家がいつも撮影に来ているので、その人たちに聞き込みをすることにした。すると、あそこに飛んでいると指さしてくれた。即発見。
本当は色々聞きたかったが、すでにオオワシが姿を見せている状況なので、これ以上邪魔はできない。
その場は有名なポイントなので、そこで一緒に観察する手もあったが、皆さん撮影機材が本格的で、その中に入る勇気はないので、自分で見つけたポイントへ移動することにした。


オオワシ170201a
14時、ポイント着。すぐさまさっき飛んでいた付近を探すと、山沿いに沿うように飛んでいた。双眼鏡を覗き、はっきりとオオワシの特徴を確認。とても遠く、肉眼では点にしか見えない。
ここのオオワシは、過去に人に保護された経歴があり、グルと呼ばれ親しまれている。以降、グルと呼ぶ。
その後グルは、諏訪湖中央上空まで移動したが、ここで見失ってしまう。

15時、再び山側の最初の場所に発見。グルは再び諏訪湖へ飛んでいくが、茅野側に流れていき(山影に入るので)見失う。

オオワシ170201b
15時20分ぐらいだろうか。また最初の山側で再発見する。
今度は諏訪湖中央を何度か旋回し、見失うことなく追跡。獲物を捕る様子はない。

15:35頃、急展開を見せる。高い高度から、少しづつ下がってくる。そして湖面から50m~100mくらいの高さまで下がっただろうか。獲物を捕るわけでもなく、そこからふわふわとこちらに流れてくる。
オオワシ170201c
トビに絡まれる。

オオワシ170201e
レンズが弱いので、画質は悪いが、なんとか顔も捉えた。公園で構えている人たちには絶好のシャッターチャンスだったのでは。
その後グルは諏訪湖上空へ戻り、また茅野側に流れて見失った。まだ再発見の可能性があったが、観察はここで終了。
オオワシを初めて見るという課題に対しては、満足な内容となった。

オオワシ、グル。
1999年に衰弱しているところを保護される。
以降18年連続で諏訪に飛来。右の羽根が1枚が欠けているのが特徴。


今後はレンズを変えて、どれぐらいの画質で収められるかやってみたいと思う。
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック