ビットチャージーと僕

再びビットチャージーです。ver016が完成してから実走行を重ね改良をしてきました。

P9550964.jpg
ひとつはフロントサススプリングの変更です。従来より柔らかいものを選択、サス周りも見直して、より稼働しやすいよう調整しました。

P9550967.jpg
もうひとつはホイールの変更です。ビットチャージーは安価な分個体差もあり、すでに装着していたホイールに回転ブレが発生していました。

ちょうどヴォルツに付いていたホイールがかっこよかったので、これを使うことにしました。
ヴォルツは限定版で、ホイールもこの車体のためだけにデザインされたようです。
ギヤも扱い易い緑色なので文句なしです。だいぶ走りも安定しましたが、フローリングでの直進性に不安を残しています。これはウエイトで調整したいと思います。この課題をクリアできれば、他に改善する箇所もなく、ビットチャージー改造も頭打ちとなるのではないでしょうか。

↓ヴォルツ
P9550867.jpg

改造の話はここまでにしておいて、僕がビットチャージーに出会った頃と、それからだいぶ年月の経った今もなぜこのラジコンをやっているのかという話をしてみたいと思います。
ビットチャージーが発売されたとき自分はまだ子供でした。当時この大きさのラジコンは異例で、豊富な車種とカスタムパーツの存在もあって大人の間でも人気が出るような商品でした。僕もこの面白さに惹かれ親に小遣いをねだっては買い集め、コレクションしたり友達とレースをして楽しんだものです。

さて最近のことですが、テレビで中年の男性の方が、子供の頃流行った少年雑誌やアイテムなどを集めていることを取材されていましたが、「どうして今になってこれを集めようと思ったのか」と問われ、「子供の頃はお金がなくて集められなかったから」と答えているのを見て、あーそれだっと思いました。シンプルな理由だし、当たり前と言えばそうですが、子供の頃できなかったことを今しようとしてるんですよね。

僕が子供の頃ビットチャージーをやっている時も、どうしても手に入らなかったり、思ったように動かせなかったことがありました。
年月は経ち、失われたものもあるけれど、一方で、新たな知識や、技術や経済力を得て、自分の思い通りのものを作ったり集めたりしていく・・・

P9550937.jpg
最近買ったもの。
こんな商品があったんですね。フォルクスワーゲンのバスです。

P9550958.jpg
日本製ではないかもしれません。とっても素敵な一台です。

こんな出会いがあるから、まだまだやめられないのです…



ビットチャージー 開発記

ビットチャージーの記事をたくさん書いている気がして、数えてみたら実はまだ5つしか書いてないという・・・だめじゃん・・・

ええと前々回は、ver015が完成して、前回がその改良版、ver016の開発でしたね。

そしてそのver016は、完成していたのに、ブログに書いていないのでした。・・・

というわけで、じゃ~ん↓↓
ビットチャージ016
これがver016のビットチャージーです。
課題は、シャーシを小型化して、より多くのボディを搭載できるようにする。でした。
ビットチャージ016 015
左ver016、右ver015です。

ビットチャージ016 015 b
ボディと接触していたフロント部分を低く製作(ローダウン化)することで、さらに搭載できるボディの種類が増えました。

ビットチャージ016ロータス
例えば、今まで乗らなかったロータスヨーロッパ。ver016で装着可能に!
これで走りたかったんだよね~

と、ここまでがだいぶ前の話で、最近ではさらに改良を加えました。
続きは、近いうちに(たぶん)。

ATOMIC BZ ベルトドライブ

bz1.jpg
今年の初めごろに発売されたアトミックのBZ。1/27ベルトドライブ方式のRCカーです。

bz2.jpg
すぐに買いましたが、相変わらず組み立てて満足し、走らせていません。
ミニッツ時代から感じていますが、1/27というサイズは、微妙です。
外では遊べないし、家の中でも畳では段差が気になったり、フローリングではグリップが無かったりと、快適に走らすことができません。
とくにBZのような上位モデルでは、サーキットあってこそのRCだと思います。

bz3.jpg

AMZのときはミニッツ基盤で、ニッケル水素バッテリーを使用していましたが、今回は電子系もアトミックのユニット、バッテリーもリポにしました。充電器はイーグルのリポ専用バランシングチャージャー3900を選択、バランスチャージをオートで全てやってくれるので簡単でした。

AC Li-Poバランシングチャージャー 2-3S用 3900-LIPO

新品価格
¥3,438から
(2016/11/24 09:01時点)




bz4.jpg
このサイズでベルトドライブは他に例を見ません。
自分が今まで手にした4WDはシャフトだったこともあり、すべてが新鮮な感じでした。

bz5.jpg
ステアリング機構も1/10で見るような精巧なものでした。

bz6.jpg
最後にバギーホイールを取り付けた例。ボディはどうしようかという感じですが、BZでオフロードできたら面白そうです。
ただし、無防備なベルトはまずいです。
アトミック、次はこのシリーズでオフロード出してくれないかな。

羽化しました。

P9550841.jpg
まだ後翅を伸ばしています。やはり雌の色彩を受け継いでますね。赤や青も入ってので、ニジイロクワガタみたいです。
前翅も色づいたら、この記事に追加画像を貼りたいと思います。

追記です。
P9550875.jpg

羽化から24時間以上経ち、色が付いてきました。
思っていたより暗めの色合いになりました。両親の中間のような色が出たと思います。
羽化はまだまだ続きます。

パプキン血の入れ替え~初羽化

パプアキンイロクワガタ
5月に、別血統の個体を掛け合わせました。青い雄は何度も累代を重ね、この血統からは青緑の個体しか産まれませんでした。
雌の方が新入りしたワイルド個体になります。
このペアの子たちがもうすぐ羽化しそうです↓。

P9550720.jpg
どんな色になるでしょうか。楽しみです。

11月のシロヤシオ

山の紅葉もピークが過ぎてきたようです。
我が家のシロヤシオは、これまでにないくらい鮮やかな紅葉を見せました。
数日前から紅葉していることは分かっていましたが、帰宅すれば真っ暗(日が短くなりました)で、ようやく日曜の朝、じっくりと眺めることができました^^
シロヤシオと青池
奥に見える青池のメダカたちも室内へ移動させました。

シロヤシオ
温室も半月ほど前から稼働させています。この前まで暑かったような気がしますが、季節の進行はあっという間ですね。

商館時計 レッツ商会シリンダー脱進機

レッツ商会シリンダー脱進機
再び時計修理です。
レッツ商会の商館時計で、シリンダー脱進機の機械になります。
サイズは55ミリ弱と一般的。入手時不動でした。

レッツ商会シリンダー脱進機2
分解清掃。香箱内ゼンマイ切れがありました。
切れたゼンマイは加工して繋ぐ方法がありますが、とても面倒なので今回はスペアを使用しました。

レッツ商会シリンダー脱進機3
この時計にはもう一つ問題がありました。
時送り切り替え装置の押さえバネが壊れています。すでにオリジナルは失われていて、誰かが自作した部品が使われていましたが、壊れたようです。
あまりよい作りとはいえず、部品の調達が難しかった時代に、手元にあるもので何とか作ったものかもしれません。

レッツ商会シリンダー脱進機4
現代ではホームセンターで適当な材料が手に入ります。
一本のピアノ線を曲げ加工して完成です。

レッツ商会シリンダー脱進機5
無事に動きました。
シリンダー脱進機の調子もよく日差1分以内です。全体的な状態の良さをみると、ずっと故障したまま使われずに保管されていたのでしょう。
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック