ミートミーを始める

mm_2015_11_18_172547.jpg
ミートミーというオンラインゲームを始めました。

mm_2015_11_18_172711.jpg
そこは東京23区を再現した仮想空間。

mm_2015_11_09_204944.jpg
mm_2015_11_20_195457.jpg
無料で遊べますが、快適に遊ぶため課金する方法もあります。
この釣り大会では入賞するとMMPというポイントがもらえます。

mm_2015_11_10_204141.jpg
車も買えます。

mm_2015_11_18_162447.jpg
土地を買いました。この土地契約で必要なのが、釣り大会で貰えるMMP。課金して購入もできるけど、無料で遊びたいからこの大会でがんばります。

mm_2015_11_18_195700.jpg
土地を買うと家が建てられます。

mm_2015_11_08_215310.jpg

mm_2015_11_21_115053.jpg
今日初めて行ったトレードセンター。
出品したり、他のプレイヤーが出品しているアイテムを買うことができるようです。
虫も売っていました。ここらへんは買わずに自分で採集したいと思います。

ニホンリス

P1160080.jpg
車で走行していると、小さな動物が道を横切りました。
横切ったのは一瞬のことで、リスに出会うことも全く想像していなかったので、それがリスだと認識するのに数秒かかりました(笑)
すぐに車を止め、近くの樹上を見渡すと・・・いましたいました。

設定を高画質(1080p)にしないと見づらいかも。

ビットチャージー TOMY BIT-CHAR-G 2015

bitcharg1.jpg
この度、京商から発売されているDnanoの基盤をビットチャージーへ移植しました。

bitcharg2.jpg
シャーシ名 "BIT-CHAR-G2015"(ver015)

bitcharg3.jpg
bitcharg4.jpg
シャーシ加工と、メカの配置図。バッテリーはリポ50mAhを採用。

なんと言っても今回の目玉はジャイロユニットを搭載したこと。
センサにより姿勢の乱れを検知し、自動的にステアリングに修正を加えスピンなどを防ぐ。小さいビットチャージーはスピンしやすいので、ジャイロにより安定した走行が期待できる。

bitcharg5.jpg
ジャイロはここに搭載しました。ぎりぎりの配置です。
正しい向きにセットし、エポキシでがっちりと固定しました。

bitcharg6.jpg
BIT-CHAR-G2014(左)と、BIT-CHAR-G2015(右)の比較
2014はミニッツ基盤を使用している。2015はより小型なDnano基盤とジャイロ搭載により大きく進化した。

bitcharg7.jpg
BIT-CHAR-G2015 TOYOTA bB Open Deck.

bitcharg8.jpg
BIT-CHAR-G2014 FIAT500 Lupin III Model.


走行もばっちりでした。そのうち撮ります。

補足メモ
ビットチャーGは2001年にトミーから発売された全長5~6センチの小型RCカー。
現在もオークションなどで容易に手に入れることができるが、シャーシに内臓さているニッカドバッテリーは高確率で液漏れしている。その液により配線などに錆も発生して、分解時に断線することもしばしば。液漏れの有無に関わらず動作する場合もあるが、液漏れしたバッテリーの使用はお勧めしない。スペアバッテリーの確保や、断線時にはハンダ技術が求められる。
この記事では本来ビットチャージに搭載されている基盤、バッテリーは取り除いたうえで、大幅にシャーシを加工、京商製(技術は近藤科学)の高性能基盤を使用することにより性能を上げたものを紹介している。

ビットチャージ カリオストロの城 ミニッツ基盤を搭載する

アクアライフ3D プレイ日記3

Screenshot_2015-11-08-14-58-29.jpg
現実世界であれだけ生き物を飼っているのに、わざわざゲームでも飼う必要があるのか自分に問いかける時がある。熱中するわけでもなく、かといってエサやりは1日も欠かさず・・・淡々とプレイを続けること3か月。水槽内のアイテムはかなり充実してきた。
ディスカスの売買をひたすら続け、持ち金も増えてきた。でもまだ海水魚が1匹も入っていない。
もうしばらくは持ち金の増加とレベル上げに集中したい。

アクアライフ3D プレイ日記2

擬態

P9500794.jpg
この中に昆虫が隠れています。どこにいるでしょう!


↓昆虫の正体はこちら

続きを読む

まとめ2015

アリたちの動きも鈍くなってきました。
適当なまとめでありますが、これをもって今年のアリに関する話題は終了させていただきます。

アギトアリ
最終的なカウントはしていないが、200は軽く超えていると思われる。
来年は雄アリが生産できるかもしれない。4月に繭ができ始め5月時点のカウントで40匹だったので、よく増えた。
10月になると繭は見られなくなった。

オキナワアギトアリ
推定250~300匹。4月末に繭ができ始め先週まで羽化が見られたが、今は繭などは無くなった。
雄を生産することに成功したので、来年は新女王の生産が目標。

オオハリアリ
順調に増加していたが、夏ごろからかなり減った。エサが不十分だったかも。

クロオオアリ
先日も書いた通り、雄が多く増えた。
来年は規模を縮小する。

カラフトクロオオアリ
クロオオアリを養女として一時期かなりの産卵数を得たが、羽化したワーカーがクロオオアリに食べらた。
カラフトのみになってからは至って平凡。
現在働きアリは40匹ほどしかいない。また女王は仮死状態になっている。

ムネアカオオアリ
順調。働きアリは200匹ほど。

ツヤクロヤマアリ
順調。来年は羽アリを生産したい。

ハヤシクロヤマアリ
今年数匹の雄と1匹の新女王を生産した。またそのペアリングにも成功したが、多雌にすることはできなかった。

オオズアリ
東京で採集した。
今も蛹がある。冬を無事に乗り切れれば、コロニーは恐ろしいほど大きくなるだろう。

アズマオオズアリ
3年目の中規模コロニーに入れたアリノスコブエンマムシは死んだ。しかし2年目の初期コロニーに入れた個体がまだ生きている(6月採集)。

ヒメオオズアリ
昨年雌雄を生産して、それらをペアリングして得た3匹の新女王は無事に働きアリを誕生させた。
親コロニーは砂飼育にて好調をキープしている。

アシナガアリ
昨年2匹しか働きアリがいなかった初期コロニーであるが、よく増えて50匹ほどになった。

ヤマトアシナガアリ
一昨年採集した初期コロニーだが、とてもよく増えて300匹ほどになっている。

ヒメナガアリ
複数の女王を管理していたが、すべて亡くなり飼育を終えた。
ワーカー1匹を誕生させることができたが、あまりに成長が遅かった。

ウロコアリ類
ヒラタウロコ、キタウロコ、ウロコ全てが壊滅し飼育を終えた。
原因としてエサ不足、粉ダニの発生などが考えられる。

プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック