日本三大針蟻

アギトアリ
改造したフラッシュでテスト撮影したアギトアリ(Odontomachus monticola)。生息地で撮りたいですねえ。

オキナワアギトアリ
アギトアリとの比較飼育をしたくて買ったオキナワアギトアリ(Odontomachus kuroiwae)。
アギトよりも一回り小さく9-10mm。

ツシマハリアリ
ツシマハリアリ(Pachycondyla javana)。ずっと飼ってみたいと思ってたんです。
大きさはオキナワアギトとほぼ同寸です。迫力あるう。

今年は楽しいぞ~

沖縄のスミレたち

P1080653.jpg
もうすぐ3月ですが、温室から出せるのは、まだずっと先です。

P1080638.jpg
ヤエヤマスミレ
枯れることはありませんが、葉の変色が多く、なかなか観賞を楽しむことができません。
花もあまり咲きません。

P1080641.jpg
茎挿しした久米島産のタチツボスミレ。根はしっかり出てます。
白花ですが、まだ見れてません。

P1080645.jpg
ランナーを伸ばすオリヅルスミレ。
成長は遅いですが、よく増えます。


P1080647.jpg
オキナワスミレ
花が咲いていますが、温室に入れていると(光を求めて)葉が伸びたがって、弱々しい花になってしまいます。
葉は光沢があって形もいいので、これだけでも楽しめます。

P1080633.jpg
温室内は乾燥するため、トレイに水を入れて保水しています。

P1080665.jpg
温室内ではブルーの入ったパプキンも羽化してます。

P1080692.jpg
蛇口から飲むのが一番だにゃん

フラッシュ改造

フラッシュ
じゃーん
フラッシュが一回り大きくなりましたー

何をしたかというと・・・

P1060153.jpg
鋸でぎこぎこ・・・後戻りはできません。

P1060148.jpg
100円ショップで見つけた携帯のホルダーを利用して、反射板(銀色のなんていうの?)を作ります。
アルミホイルやステンレステープをべたべた。そして外装は黒のスプレーで仕上げました。

アリのテスト撮影~
P1080538.jpg
P1080544.jpg
P1080554.jpg

ん~、まあ、悪くはなってないです。
あとはやっぱディフューザーですかね。

ランサーエボリューション WRC2002 ビットチャージ

P1060140.jpg
P1060144.jpg

先日のマイクロRCのボディは、磨きを残してほぼ完成した。
5センチほどのボディなので、細かい作業だった。

P1080130.jpg
元となるボディはビットチャージ用で、すでにある程度のペイントが施されている。またステーカーも付属しているので、そのまま使用しても悪くはない。
今回手を加えたのは、三菱のエンブレム、RALLI ART、マルボロのステッカー追加、ライト部分、バンパー部分の塗装変更などなど。
またウィンドウにはスモークを入れてある。

雪の結晶

P1080354.jpg
P1080323.jpg
P1080435.jpg
P1080460.jpg

マイクロRCカー

P1080121.jpg
ビットチャージのシャーシをベースに、モトレーサーの基盤、マイクロサーボを使用した、1/64スケールRC。
右から1号車、2号車。

P1080127.jpg
P1080130.jpg
制作中のボディ。三菱 ランサーエボリューション WRC2002
完成したらまた紹介します。

積もりました

P1080108.jpg
当地は信州で寒いですが、雪はあまり降りません。
ここまで降ったのは珍しいです。関東でもすごかったようですね。
溶けるのに時間がかかりそうです><;

nanoQLOナノクロ自作シャーシの紹介

以前からブログやYoutubeにちょこちょこ出していますが、今日は少しクローズアップして見てみましょう。


シャーシ構造
シャーシはアルミ板2枚を雌ネジスペーサー2本で固定しているシンプルなものです。

シャーシ構造2
シャーシ内部は下からバッテリー、基盤の順に配置しています。これらはゴムバンドで固定されています。
バッテリーはロッシマイクロT用のニッケル水素、基盤はミニッツ用です。

サスペンション構造
サスペンションは、ロッカーアームを採用しています。
ロッカーアームはwalkeraのRCヘリのCB100のブレードコントローラーというパーツを代用しています。
プッシュロッドにあたる部分は、3レーシングから出ている、マイクロT用のチタンターンバックルを。ダンパーはミニッツのインディビジュアルダンパーを使っています。

パーツ
これがCB100ブレードコントローラーのセット内容です。これだけのパーツが入っています。
上のピロボール4個は使いません。
ブルーのパーツがロッカーアームになります。右の鍋ネジは、ロッカーアームにダンパーを止める部分に使います。
中央金色のスペーサーが、大変重要なパーツです。このパーツは、1台に32箇所で使用します。
2つしか入ってないので、そろえるのが大変です。
ヘリ屋さんも、同じパーツをたくさん買うので、びっくりしたことでしょう。

サスペンション構造2
この画像を見ても、各所に金のスペーサーが使われているのが分かると思います。

ロッカーアーム
ロッカーアーム固定部分です。メガネや腕時計に使われるような精密ネジを使用しています。
確か1.2ミリくらいのネジだったと思います。


P1080061.jpg
駆動系、ステアリング周りは、ナノクロをそのまま使っています。
リヤのギヤボックスは立ててあります。こうすることで、ホイールベースを短くすることができます。
設計時には、ここまで上手く行くとは思っていませんでした。サスペンションの動きも狙い通り。ノーマルのナノクロと比較して、走行性能が高いかというとそうでもありませんが・・・。見た目はとても気に入っています。
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック