クロオオアリ飼育の7年間を振り返る 後編

 クロオオアリ飼育の7年間を振り返る、後編です。
2008年、加温により1月に幼虫が成長し始め、総数は約90匹から200匹まで増えたが、5月下旬に越冬状態になっていました。
それから、2カ月後、再び成長が再開されます!
ここからの産卵数が、一気に伸びていったと思います。
k8.jpg2008年9月14日。眠りから覚め、スイッチが入ったように増え続けるコロニー

k9.jpg
10月27日。大型ワーカーが複数誕生する。

この年の春は1ケースで飼育していました。難しい局面もありましたが、
終わってみれば、総数約630匹で、4ケースに拡大していました。

2009年k10.jpg
2009年春の写真。一年前との変貌ぶりがわかる。

k11.jpg女王は産卵マシーンと化し、産卵期に腹部に白筋が入るほど卵巣が発達するようになった。

k12.jpg
その年、7月には雄アリが複数誕生しました。

k13.jpgk14.jpg
秋には推定1500匹に成長。
さらに数多くの越冬幼虫が生産され、来年以降、一段と凄いことになるわけです。
またこの年は、秋遅くまでよく増えてくれました。


2010年
越冬幼虫が成長をはじめ、初夏には複数ある飼育ケース一面が幼虫の海になります。
ここからは、ひたすら増え続けるだけで、あまり書くことがありません。
写真と簡単な解説で2010年~12年を振り返っていきましょう。
k15.jpg
越冬幼虫が成長し、幼虫だらけに。2010年5月26日

k17.jpg
蛹の山。大型ワーカーが数多く生産された。

k16.jpg
卵巣が発達して、卵を産み続ける女王。6月28日

k18.jpg
2010年秋、飼育ケースは6連になった。

2011年は写真が少なかったのですが、動画がありました



2012年早春。寒さをしのぐため、女王の周りに働きアリが密集している。k19.jpgk20.jpg
女王も健在。

大ざっぱになってしまいましたが、これまでの経緯を何となくわかってもらえたかなと思います。
2011年以降は写真が少なくて、全然観察もしてなかったですね・・・。
現在、飼育ケースは9連になっています。
すでに餌やりの戦いが始まっています(汗)・・・

ケタチツボスミレ 詳細

先日少し紹介したケタチボスミレです。
その名の通り、茎や葉に毛が密集しています。
タチツボスミレが母種で、本来は無毛なのですが、その中の有毛タイプをケタチツボスミレと呼びます。
スミレの場合、これを変種と呼ぶことが多いです。亜種や品種という表現でも正しいと思います。
アリであれば、毛があるかないかでは、別種として扱われそうですけどね。
スミレ(植物)の場合、交雑も多いですし、生育場所によっても形質に変化が見られますから、分類が難しい所ですね。
keta1.jpg
写真の花は青系で、これが普通色です。

keta2.jpg
毛が確認できますね。

keta3.jpg
葉も大きく成長し、毛がある以外は、普通のタチツボスミレと変わりません。

keta4.jpg
これは花が赤系のケタチツボスミレです。
実は、赤系のタチツボスミレをサクラタチツボスミレと呼びます。
でもこれはタチツボスミレだから、サクラタチツボスミレ?
ややこしい^^;

keta5.jpg
毛が確認できます。しかも密度が高いです。

keta6.jpg
株全体の写真です。上(青系)の個体と比べて、葉と花のバランスが違うと思いませんか?
実は、葉が小型なのです。あまり成長せず、葉色も濃く、締りがあります。
珍しいタイプなので、大切に増やしていこうと思います。

フイリヒナスミレ 開花

huirihina1.jpg
huirihina2.jpg
ヒナスミレの斑入りタイプ。
小さいが花が咲いた。葉がとても美しい。

花の移り変わり

130422a.jpg
フイリミヤマスミレの花が終わり、すぐその横でマルバスミレが花を咲かせました。

130422c.jpg
自生しているタチツボスミレ。

130422b.jpg
これはケタチツボスミレといいます。
お気に入りです。上のタチツボスミレと比べて赤い花ですが、個体差であって、青いものもあります。

三寒四温

130421.jpg
桜も散り始めている中、雪が降りましたよ。
数日前は半袖でいいくらい暑かったのに。
で、明日も氷点下だけど、明後日は、また20度の予報。。。死にそう


130421b.jpg
果樹園の桃の花。夏にはおいしい実をつける。

クロオオアリの飼育7年間 前編

k1.jpg

この写真なんだか分かりますか?

そうです、クロオオアリです。
撮影日は2006年の6月です。
そしてこの女王は、今も生きています。
もうなんだか分かりましたね?

このブログを見てくれている方はご存知だと思います。今年8年目を迎える、推定総数5000匹のクロオオアリコロニー、飼育開始当初の写真です!
この機会に、これまでの成長ぶりを振り返ってみることにしましょう~

1年目・・・
最初の写真は、2006年6月下旬の写真で、ちょうど初子が誕生した頃です。

特に目立ったこともなく秋を迎え、他コロニーから蛹をもらったこともあって、働きアリは40匹まで増えていました。
k2.jpg
初年度秋、働きアリは40匹

さて翌年ですが、2月ぐらいから加温をしています。
k3.jpg
加温のおかげで産卵する。2007年2月19日

順調に増え続けていたが、この年は7月下旬で、越冬状態になってしまった。
k4.jpg
結局2007年は91匹で終了・・・。

初年度もそうですが、この年も他コロニーから蛹をもらってます。
それでこの数ですから、決して良いとはいえませんね。
大コロニーになるとは想像もしていません。

時は2008年、3年目に入りました。
k5.jpg
この年もまた、年始早々から加温していたようです。
1月に幼虫が成長を始めました。
そしてとても産卵数が多く、3月頃のコロニーの様子を見ると、何となく大コロニーの気配がしています。中型ワーカーも誕生し始めています。

k7.jpg産卵数が多く、期待が持てる。2008年2月

k6.jpg
中型ワーカーの誕生。3月

ところが・・・
5月下旬に越冬状態になってしまいました。

1月から活動させてたのが痛かったか・・・
この時点で、働きアリは200匹を超えています。

このまま2008年は終わってしまうのでしょうか・・・。


後編へ続く

ヒナスミレ満開

130418a.jpg
庭のヒナスミレが満開になりました。
あと何日咲いているのだろう。

130418c.jpg
こちらは公園の遊歩道に咲いていたアケボノスミレ。

130418b.jpg
これも同じくアケボノスミレ。上の個体と比べて、赤が強く出ている。
日本のスミレで、ここまで鮮やかな発色をする種はあまり見ない。

ロッシ 1/36 ラミネーター・モンスタートラックRTR

130417e.jpg
Team Losi(アメリカ)から発売されている、1/36 Micro Raminator Monster Truck RTRが届いた。
losiはマイクロシリーズを出していて、ラミネーター以外にも、マイクロTSCTなどで遊んだことがあります。
今回のラミネーターが発売されたのは5年以上前でしょうか。
ずっと気になっていたのですが、なぜか今頃の購入となってしまいました。
130417f.jpg
サイズはもちろん小さいです

130417g.jpg
乾電池がちゃんと付いているのですが、電池が入っている箱に怪しげなシミが・・・。

130417h.jpg
開けてみると案の定、電池が液漏れしてました。

さらにシャーシの電池も青い粉を吹いてました(汗)
製造日が古かったのでしょうかね。
電池はいくらでもあるので、特にこまることはありませんが。
シャーシ構造の解説や、走行インプレッションは後日。



UCC ハーレーダビッドソン 110th アニバーサリーコレクション

130417a.jpg
UCC THE DEEP BLACK無糖のおまけ
とても細かくできていたので、衝動買いしてみました。

130417b.jpg
模型を守る外装は、それぞれバイクの形に合わせてある!

130417c.jpg
Dyna Wide Glide

130417d.jpg
Ultra Classic Electra glide

申し分ない内容。
たぶんコーヒーよりコストかかっている。
これなら全種集める気にもなれるが、8種揃えたらそれなりのお値段になるし、ブラックもあまり飲まないからなあ~

UCC公式ページ
http://www.ucc.jp/cpn/blackhd/


追記
今さらですが、ハンドルとホイールは、きとんと可動するのですね。
やっぱもう一つ買ってしまおうかなあ。
尚、同梱されている券を8枚集め応募すると、ディスプレイケースが2500円でもらえるようです。支払いは代引きだそうで。なかなか面白いですね。

130416.jpg

130415b.jpg
130415c.jpg

オツネントンボ

130415a.jpg
成虫越冬することで有名なトンボです。
生態は何も知りませんが、そこらへんにいっぱいいます。

スミレサイシン 開花

130415d.jpg
このスミレの花を見るのは初めてです。
花びらがちじれていますね。ひかえめに咲いている感じです。

ヒナスミレ開花

今日は暖かかくなったので、サクラの写真や、ラジコンの動画でも撮ろうと思っていたのですが、庭掃除で終わってしまいました。この時期にやることをやっておかないと、夏に追いつかなくなります。

130414a.jpg
ヒナスミレ、今年第一号の開花です。
つぼみが沢山ついたので、すべて開けば、なかなかの見応えになりそうです

130414gb.jpg
フイリミヤマスミレも開きはじめました。

再チャレンジ

130412.jpg

買ってしまいました。パプアキンイロクワガタ、通称パプキンです。
実は以前にも飼育経験があり、前のブログでも登場したことがあります。
前回は沢山の幼虫を得ることができましたが、馬鹿なミスをして全滅しました。(ほんと甲虫飼育はへたくそ)
今度こそ羽化まで持っていきたいと思います。

カナブンと同じで色彩変異が豊富です。
今回入手したのはブルータイプの個体です。
ブルーと言っても、少しグリーンが入っています。
ちなみに普通色は黄緑色です。

メモ
アルファック産累代CB不明

とびだせどうぶつの森

HNI_0043.jpg
今遊んでいる、ニンテンドー3DSの「とびだせどうぶつの森」を少し紹介します。
このゲームは、意図せずに村の村長になってしまうところから始まります。したがって肩書は村長ですが、どちらかといえば、村の住人の一人として、自由気ままにライフを送るゲームになります。
以下プレイ画像と、簡単な説明です。

続きを読む

フイリマルバスミレ

130410a.jpg
フイリマルバスミレです。
温室で管理していたところ、いつの間にか発芽していました。
マルバスミレが突然変異したもので、葉に白い模様が入っているのが分かると思います。
野生スミレは可愛い花もよいですが、こうした個性ある葉も楽しめます。

130410b.jpg
これは親株です。ちゃんと子に受け継がれるんですね。

菌糸ビン届く

130409a.jpg
菌糸ビンが届きました。
130409b.jpg
コクワ幼虫投入。
贅沢だなあ~菌糸ビン使うなんて。これで45ミリオーバーでなかったら笑えますね。
もっと強気で50ミリオーバー狙いましょうか。
ギネスは53ミリだっけ?(古い情報)
一応このビンで羽化まで育てるつもりです。
ひとつに6匹入ってます。

今年初の肉餌

130407b.jpg
カラフトクロオオアリ

130407c.jpg
ツヤクロヤマアリ

130407d.jpg
ハヤシクロヤマアリ

ゆっくり成長

130407a.jpg
コクワガタは無事に冬を越しました。少し大きくなったけど、まだまだ小さいなあ。
これからですね。
去年の採卵が遅かったので成虫になるのは来年かもしれません。
マットが腐ってきたので、新しく菌糸ビンを注文しました。

幼虫を見る度にカナブンを思い出します。また飼育してみたいです。
前に住んでいたところは、樹液の出るクヌギ林があって、毎日通って、青いカナブンを探したものです。
414-1.jpg

100匹に1匹いるかいないか・・・宝石に出会えたような喜び

何でも買えば手に入る・・・けれど
自分で捕って、飼えるって素晴らしいじゃないですか。
長野に引っ越してから、自然はとても豊富なんだけど、近所にクワガタ捕りができる場所が少なくて、
そんな中、唯一捕れたのがこのコクワガタで、珍しくもない小さなクワガタだけど、自分で捕って飼うということに価値を感じて、飼育しています。本当はもっと色んな虫を捕りたいけど、なかなかできない。
そのストレスを、このコクワにぶつけているんだと思います。

ああ~。なんか外国のくわがたでも買っちゃおうかなあああ

キタテハの交尾

130405b.jpg
キタテハが藪の中で交尾していました。
この蝶はよく見かけますが、交尾を見るのは初めてです。
越冬するので、気温が上がれば、キチョウと共に春一番最初に見られる蝶の一つですよね。

ホームページとブログを変更しました。

今までカテゴリーごとに複数のブログをやっていたのですが、この度ひとつのブログに統一することにしました。
アリの記事はもちろんですが、いきなりラジコンの記事が出たりとびっくりされるかもしれませんが、色々と興味を持つきっかけになっていただければ幸いです。
とはいっても、昔のような更新頻度は難しいですが、マイペースでやっていきますのでまたよろしくお願いします。

相互リンク募集中です
今までのリンクサイトは徐々に設定していきますが、新たに相互リンク希望の方や、リンクを忘れてしまっていたら、声をかけてください。

テスト投稿

てすとてすてす

スミレ新芽

705-1.jpg
705-2.jpg
705-3.jpg
705-4.jpg

今年も無事にスミレが顔を出してます。
つぼみも多く見られ楽しみです。
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック