SCTアルミダンパー

57-1.jpg
57-2.jpg
57-3.jpg

昨日のパーツを装着しました。ブルーアルマイトと本格的な作りがかっこいいです。LOSB1642を装着すると、最小回転半径がノーマルよりも小さくなり、小回りが利くようになります。これは、ノーマルでは接触してしまう部分の形状の違いで、可動範囲が広くなっているのですが、文章では説明が難しいです。

SCTオプションパーツ

56-1_20170120162207df4.jpg

今回届きましたのは、SCT純正オプションパーツ、
LOSB1642 Spindle Set, Aluminum: Micro 4WD SCT, Rally
LOSB1643 Spindle Carrier, Aluminum: Micro 4WD SCT, Rally
LOSB1644 Rear Hub Set, Aluminum: Micro 4WD SCT, Rally
LOSB1647 Shock Set, Aluminum: Micro 4WD SCT, Rally
の4点になります。

ノーマルのダンパーパーツを紛失してしまったので、この際に、まとめて購入することにしたのです。全額10000円を超えちゃいました・・・・

SCTのタイヤ

55-1_20170120161935711.jpg
55-2_20170120161937ee6.jpg

前から気になっていた5本のビスで固定されているホイールカバーを外してみました。タイヤと中のインナースポンジが分解できるのかと思っていましたが、接着されていました。どうせなら、カバーのカラーが多様で選べたり、中のスポンジもオプションで出たりしたら面白いのに。

キチョウの越冬

603-1.jpg

日は一切当たらない場所です。
開けているので黄色い体は丸見え。無事に冬を越せるといいですね。

ワタセカギバラアリ

602-1.jpg

ワタセカギバラアリの雌。去年の秋に採集したもの。
腹柄節下部突起が認められる。イトウやモリイシと比較して腹柄節は細長く、側面から見て中央部の隆起はなだらか。

モリシタカギバラアリ
http://suradake.blog.fc2.com/blog-entry-388.html

http://suradake.blog.fc2.com/blog-entry-875.html

イトウカギバラアリ
http://suradake.blog.fc2.com/blog-entry-366.html

http://arinippon.blog.fc2.com/blog-entry-44.html#end

ワタセカギバラアリ雄
http://suradake.blog.fc2.com/blog-entry-866.html

PN Racing Mini-Z MR03 Pro Front Lower Arm Set Wide

54-1.jpg
54-2.jpg
54-3.jpg

サスボールは樹脂で、キングピンとはEリングで固定するようになっています。
アンダーカバーがカーボン(デザイン?)なのも気に入っています。

ケブカクロオオアリ拡大画像

600-1.jpg
600-2.jpg
600-3.jpg
600-4.jpg

光沢があり、カラフトクロオオアリにも見えるが、明らかに立毛が多い。
触角柄節にも立毛がある。

クロオオアリ拡大画像

599-1.jpg
599-2.jpg
599-3.jpg

ケブカクロオオアリよりも長い立毛が目立つが、全体的な毛の密度は低い。
腹部上方の光沢は鈍い。

ビットチャーGハイブリッド

52-1_2017012016171739c.jpg
52-2_20170120161718fe2.jpg
52-3_20170120161720f43.jpg

ビットチャージのシャーシに、チョロQハイブリッドの基盤を移植しました。配線には苦労しましたが、きちんと動作しました。ですが、肝心の走行パフォーマンスは、悪くなりました。元の基盤(ビットチャーGブースターマシン)の方が、直進性、コーナリングも優れていますし、パワーもあります。
苦労しただけに、かなり落ち込みましたが、やってみなければ分からないことですからね。
チョロQHBの良いところをビットチャージに持ってこようと思ったのに、悪いところも一緒に移ってしまったようです。
リチウムイオン電池だけ、ビットチャージに移したらどうなるでしょうね。もうビットチャージのニッカド電池は10年近く前のもので、劣化しているし、いずれ使えなくなるでしょうから、代用電池としてチョロQHBの電池は有力候補です。

チョロQハイブリッド

51-1_20170120161549af4.jpg

トミー時代のビットチャージとスーパービットチャージ。トミーとタカラが合併してからは、その技術がQステアへ注がれ、やがてはチョロQに吸収された。
残念ながら、タカラトミーになってから、RCカーとしての魅力は低下に向かっているようだ。
今回、チョロQハイブリッドを購入してみたが、その性能にはがっかりさせられた。
この商品名に「RCカー」ではなく「リモコンタイプ」と表現されている理由が何となく分かった。
チョロQとしてみれば、全く新しい感覚を楽しめる、すごいものかもしれない。さて、僕は、よい走りを期待していただけに、このままでは使はない。基本的な作りは、僕が愛用しているビットチャージと同様だ。
異なるのは、ニッカド電池が、リチウムイオン電池になっていること、赤外線コントロールで、アンテナがないことだ。これはとても興味深い。基盤とバッテリーをビットチャージへ移植して、ビットチャージハイブリッドを作ろう!
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック