越冬状態から脱出せよ


成長している黒化ムネアカの幼虫を、寝ているカラフトに入れても成長しません。
また黒化ムネアカの蛹をカラフトに入れ、羽化はしたものの、その働きアリは世話をしていないようです。
では、成長していないカラフト幼虫を黒化ムネアカへいれたら成長するでしょうか。
管理温度が(24度前後)同じにも関わらず、対照的な2コロニー。
幼虫の成長の有無は一体何によってコントロールされているのでしょう。

関連記事
http://suradake.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html

クヌギ 実生2年目 その2

592-1.jpg
592-2.jpg
592-3.jpg

庭で管理しているものです。
害獣、害虫の被害を抑えられるので、生育がよく、畑のものより倍近い樹高で80センチくらいになっています。
3年くらいはこのように管理して、樹高2mくらいになったら、山に移すのがよさそうです。

写真3枚目は実生1年目です。

ビックリグミの栽培

591-1.jpg

栽培にチャレンジしてから4年くらい経つと思いますが、未だにまともな収穫ができていません。
木としては元気なのに、肝心な受粉期に運がないというか問題が発生して、毎年終わってます・・・。
でも来年は大丈夫なはずです。
左がビックリグミ。右2本が授粉用の一才グミです。
実を生らせるために違う品種で授粉させなくてはいけません。
ですが、開花期が半月ほど異なるため、日蔭日向で成長速度をコントロールし、開花を合わせるようにします。

クヌギ 実生2年目

590-1.jpg
590-2.jpg

裏山の畑に植えたものです。
何らかの獣が新芽を食べてしまうため、ほとんどの苗に傷痕があります。
成長も悪く、ばらつきも見られます。

紅葉

589-1.jpg
589-2.jpg

クロオオアリ 5年目終了

588-1.jpg
588-2.jpg

今年もよく増えた。活動期の女王の腹部も素晴らしかった。
飼育ケースは6連となっており、我が家で最大級の蟻巣だ。
働きアリ数は推定2500匹。
羽アリの確認はできなかったが、コロニーは成熟に近く、雌アリの誕生が期待される。

4年前の姿はこちら
http://red.ap.teacup.com/arido-/205.html

特殊な温度管理 経過

586-1.jpg

1年に2回の活動期を設ける手法を試している亜高山オオアリ。
黒化ムネアカ(右)、とカラフトで、全く異なる結果が出ている。
写真を見てもらえば一目瞭然だが、同じ温度管理をしているのにも関わらず、黒化ムネアカは羽化間近の蛹と多量の卵。カラフトは幼虫の艶が増したものの、成長しない。
こんなことなら、低温管理を一か月伸ばしたほうが、よい結果になっていたか?まだまだ研究が必要な感じだ。

この温度管理は過密スケジュールなため、こうした時間的ロスは痛い。
ムネアカの蛹をひとつカラフトへ入れました。よい刺激になればと願って。

ツヤクシケアリ その2

585-1.jpg

もうひとつのコロニーです。
こちらは蛹、幼虫が少ないですが、女王の腹部が大きく、卵塊があります。

ツヤクシケアリ

584-1.jpg

働きアリ数が増えてきました。とても賑やかです。
幼虫と蛹は沢山ありますが、産卵数は少なめです。

ヤマクロヤマアリ 4年目終了

583-1.jpg
583-2.jpg

10月終わりまで羽化が続きました。全て順調です。
頑張ってカウントしたところ1080匹確認できました。
実際にはもう少しいると思います。

ツヤクシケアリ

582-1.jpg

毎日羽化しています。蛹がすべて羽化すれば50匹くらいになるでしょう。
2年ぶりの飼育は、ここまでは順調です。
食欲も旺盛で観察していて楽しいですね。

サムライアリ 2年目終了

581-1.jpg

働きアリ数は70匹前後でしょうか。
少しずつですが確実に増えています。
クロヤマアリ数はサムライアリ数の倍になるよう管理しています。

ヒゲナガアメイロケアリ 3年目終了

580-1.jpg

久々の登場です。
いつの間にかトビイロケアリの姿は無くなっていました。
寄生から2年経っているから、寿命だったのかな。
何か環境に問題があるのか、思ったほど増えてない。

ミカドオオアリ

579-1.jpg

3年目終了 働きアリ数36匹。
春先29匹だった。あまり増えてない・・・

1年目8匹
2年目32匹
3年目36匹

クロナガアリ

578-1.jpg
578-2.jpg
578-3.jpg

クロナガアリが引っ越しているのでしょうか。
でも、争っている個体もいるのです。2つの巣の間隔は3mほど。
巣口では働きアリがいつも以上に密集してグルーミングしています。
単なる引っ越し?
それともコロニー分裂?合併?
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック