灯火採集

552-1.jpg

ほとんどがカワラケアリでした。
フシボソクサアリも混ざっていました。

クロヤマアリに対するサムライアリのグルーミング

551-1.jpg
551-2.jpg
551-3.jpg

クロヤマアリワーカーが羽化するとき、サムライアリワーカーが反応を示す。
大顎で加えたり、舐めまわして、羽化を手伝っているように見えるが、あまり上手ではなくて、実際に手助けになっているのか疑問ではあるが・・・。

羽化してまもないワーカーに対しても、通りすがりのサムライアリがグルーミングをしている。

幼虫の世話をする様子は今のところ確認できない。
また、このグルーミングは羽化時に限られるのか、それ以外の時でも行われているのかは不明だ。

スイカの実

550-1.jpg
550-2.jpg
550-3.jpg

前回写真に載せた実は大きくなりませんでした。
その後、受粉したものが順調に育っています。

1枚目と2枚目は品種が違います。

3枚目、形の悪いものを取りました。
割ってみると、まだ中は白いですね。ウリ独特の香りです。

ミンミンゼミ

549-1.jpg
549-3.jpg

蝉の幼虫を2匹採集。両方ともミンミンゼミでした。
今まではアブラゼミにしか出会わなかったので、嬉しいことです。

サムライアリコロニー拡大

548-1.jpg
548-2.jpg
548-3.jpg

サムライアリワーカーが増えています。
それに合わせてクロヤマアリの蛹を与えます。
サムライアリ同士の栄養交換は頻繁に行われます。
サムライアリがクロヤマアリをグルーミングする様子も観察できました。

平和な夏が戻った


猛暑が始まって、クーラーの出番だと思ったら、壊れていることに気がついた。
慌てて新しいのを通販で購入したが、到着までに数日かかり、それまでの間、アリ部屋は30度を超え、氷などをで応急処置をしたが、気が気でなかった。
亜高山帯のアリは、地下の食糧貯蔵庫のような、小さなスペースに入れておいた。これが意外と涼しいのだ。
本日、新しいクーラーが届き、無事に27度以下を保つことができるようになった。
温度を下げることに精いっぱいで、やり残していることがある。
明日はそれらを片付け、久々に安心した気持でアリを観察することにしよう!

アカヤマアリ

546-1.jpg

こちらも順調です。書くことがない!

トゲアリ

545-1.jpg
545-2.jpg
545-3.jpg

去年の秋に寄生させたものだが、極めて順調である。
当初の目標、トゲアリワーカー100匹超えは現実的になってきた。
産卵数はすでに500を超えていると思われ、幼虫の数も急速に増えて、終令幼虫も現れた。

・「ホストが優秀」
ホストのクロオオアリ(280匹ほど)は、あの巨大腹部のクロオオアリコロニーから頂いたものである。
クロオオアリ時代の好調さと勢いが、トゲアリ女王に乗っ取られたあとも、そのまま反映されていると言える。

全体的に若いワーカーで構成されていること、
飼育下で羽化したものだから、環境の変化によるストレスも少ないのもポイントだ。

ニシムネアカオオアリ

544-1.jpg

羽化が続いている。
胸部の色は羽化直後は白いが、やがて前胸部が先に発色を始める。

リポバッテリーに手を出す

23-1_20170120154138c7d.jpg
23-2_20170120154140bfd.jpg

受信機、アンプの配置を変えました。フロントにすべてまとめ、リアの軽量化と、低重心化を実現しました。
さて本題、リチウムポリマーバッテリー300mAhを購入しました。2セルなので、充電の場合は8.4Vまで、放電の場合は6V以上に抑えなければバッテリーが壊れてしまいます。
「充電」
購入後の初期充電では、専用充電器で1時間と少しかかりました。出荷時はある程度充電(過放電防止のため)されているのでね。バッテリーが空の状態であれば約2時間かかります。満充電(付属専用充電器のランプが赤から緑に変わる)後にテスターで計測したのですが、なんと8.45Vありました。1セル4.22Vです!
4.25Vになるとバッテリーが傷むそうです。かなりギリギリまでいくんですね。もう少し余裕もって8.3Vくらいで止まってくれないとヒヤヒヤするんですが、これでいいんでしょうか。
「走行」
30分くらい(正確に時間計ってなかった)走行したところで、突如加速が鈍り、まともに走らなくなりました。テスターで計測したところ、約6.3Vで、過放電まであと-0.3Vでした。あと、重量ですが、ニッケル水素の220mAhは25g。リポ300mAhは20gでした。もうちょっと軽いのかと思っていました。オイルダンパーをまた購入したのは、前に買ったのが、一本だけオイル漏れをしていたからです。今回買ったのは、すべて大丈夫です。

結局は・・・

543-1.jpg

カナブン、羽化まで辿り着けたのは、全体の10分の1ほどでした。
今年の春に引っ越しがあって、気候が変わったのが原因かもしれません。
他にも問題点があるので、来年はさらに多くの個体が羽化できるようにしたいです。

まあ、去年の羽化率200分の1に比べたらずいぶん改善しましたが。

タイヤ

22-1_2017012015374931e.jpg
22-2_201701201537505ec.jpg
22-3_201701201537524a6.jpg
22-4.jpg

LOSB1571 Fr/R Street Meat Chrome Mounted: Micro-B/DT
LOSB1570 Fr/R Wheels & Tires, Chrome: Micro-B
LOSB1572 Desert Tire Set Mounted, Black Chrome (4):Micro DT
LOSB1551 Micro Desert Truck Clear Body Set with Stickers
3タイプのタイヤを購入した。
フローリングでテストすると、1571が一番自然に走行できた。1570の方がグリップが高そうだが、デフが余計なところで作動し、高速コーナーでコントロールできないくらいのオーバーステア。ストレートがなく低速コーナーが連続するコースでは速そうですが・・・1572はオフロードで使おうと思います。
ついでにボディも購入。重くなるのと技術もないので塗装はしません。ダウンフォースを稼げるようなリアウイングを自作する予定。

アメイロケアリ、コロニー化へ

542-1.jpg

ヒゲナガアメイロケアリは飼っているので、アメイロケアリを新たに飼育してみることにした。両者を比較しながら飼育するのも面白そうだ。
トビイロケアリを土ごと採集したコロニー(無王)があるので、そこへ寄生させた。500匹くらいのワーカー数なので、寄生は簡単ではなかった。
身動きがとれないほどに噛みつかれたが、最終的には受け入れられたようだ。
土のため、中を観察することはできないが、アリにとってはストレスの少ない環境と言える。利点を生かし、秋に黄色いワーカーが姿を見せれば、企画は大成功である。

ツヤクロヤマアリ

541-1.jpg

去年の秋に飼育下ペアリングを行ったコロニー。春先、幼虫の成長が悪かったが、ここにきて正常なリズムを取り戻したようである。
コロニー発展に期待。

関連記事
http://suradake.blog.fc2.com/blog-entry-878.html

ヒマワリ

540-1.jpg

身近なようで、触れる機会の少なかった植物。
大きな花を咲かせてほしい。

デカクサ 寄生成功

539-1.jpg
539-2.jpg

新たに採集した個体をトビイロケアリに寄生させたところ、仲間として受け入れられたようである。
トビイロケアリの蛹を多量に入手。これが羽化すれば、デカクサコロニー化に向けて幸先よいスタートとなる。

アカヤマアリ

538-1.jpg

産卵と羽化が続く。
アカヤマアリの数が、奴隷のヤマクロヤマアリを上回りそうな勢いだ。

スイカ

537-1.jpg
537-2.jpg
537-3.jpg

スイカの栽培にチャレンジしています。
品種は・・・忘れました。が、大玉だったはずです。
とりあえず、受粉終って、肥料やってみたところです。

雑木盆栽

536-1.jpg
536-2.jpg
536-3.jpg

左からサンショウ、コクサギ、ケヤキ、クリ(アベマキかも)、ミズナラ、アワブキ?、ヤマモミジ、エノキ。
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック