激撮!サムライアリ

516-1.jpg
516-2.jpg
516-3.jpg
516-4.jpg
516-5.jpg

庭にサムライアリの大きなコロニーがあります。
板トラップを仕掛けておいたところ、女王アリが出てきました。
産卵期で、腹部が大きくなっていますね。

ウスバシロチョウ

515-1.jpg
515-2.jpg

この時期、モンシロチョウよりも多くみられる。
ゆったりとした飛び方が特徴だ。

アカヤマアリ

514-2.jpg

次々と孵化し、幼虫が育っています。
賑やかなコロニーになってくれることを期待しています。

トゲアリ

513-1.jpg

去年の秋、新たに寄生させたトゲアリは腹部も大きくなり、産卵を始めました。

クロオオアリ

512-1.jpg
512-2.jpg
512-3.jpg
512-4.jpg
512-5.jpg

去年、越冬幼虫が1000匹と書きましたが、そのほとんどが終令まで育ち、ケース内は幼虫で満ちています。
写真はみな異なる部分を撮影しています。総数がいかに多いか理解していただけるでしょう。

クロナガアリ

511-1.jpg

とりあえず、越冬した幼虫はみな羽化したようです。
産卵数と、幼虫の艶、成長速度が自分の理想とは違うのですが、
こんなもんかな~

クサアリの一種

510-1.jpg

蛹が十数個できて、働きアリ誕生まであと少しです。
今年も、トビイロケ確保できているので、本種の飼育にチャレンジしたいですね。

ニシムネアカオオアリ

509-1.jpg

もう少しで蛹になりそうです。
卵も見られ、至って順調な様子です。
働きアリの大型化に期待しましょう。

ミドリヒョウモンの幼虫

508-1.jpg
508-2.jpg

庭のスミレにいました。
下の少し模様が違うのは何の種類でしょうね。

アメイロアリ結婚飛行

507-1.jpg
507-2.jpg
507-3.jpg
507-4.jpg

アメイロアリの結婚飛行も行われました。
雄同士が争ってる場面もありました(写真ボケボケでした・・・)。
クロヤマアリに見つかってしまった雌は、攻撃を受けながらも、なんとか追跡を振り切ったようですが、ずいぶんとよたよたしていました。
飼育下とは異なる、緊迫した野生の生き様を久々に感じました。

カナブン、今年こそは

506-1.jpg
506-2.jpg

カナブンが次々と蛹化しています。
今年は、成功できるかな。

ヤマトシロアリ(?) 結婚飛行

505-2.jpg
505-3.jpg

シロアリの羽アリが巣口から飛び立つのは初めて見た気がします。
それにしても凄い数。
っていうか、写真なんか撮ってる場合じゃないぞ!
一応、床支えているところなんで・・・(汗)

チクシトゲアリ 経過

504-1.jpg
504-2.jpg
504-3.jpg
504-4.jpg

撮影日(上から)3/6、3/18、4/1、4/10

カウント、経過記録
(女王2匹からスタート。働きアリ羽化後に別居)
2/16産卵確認。卵1
2/20卵4
3/03卵11
3/11孵化確認。卵10、幼虫2
3/28卵3、幼虫11
4/09繭を確認。
5/17働きアリ羽化。

亜高山オオアリ 比較

503-1.jpg
503-2.jpg
503-3.jpg
503-4.jpg
503-5.jpg

「亜高山帯のオオアリ変異 その3」から誕生したワーカーを、「亜高山帯のオオアリ変異 その1」のワーカー(右)と比較してみました。
頭部、前胸の幅に違いがあるようにも見えます。

検索ワード
カラフトクロオオアリ
黒化ムネアカオオアリ

こっそりと

502-1.jpg

まだ寒いころに、チクシトゲアリを購入していました。
新女王からの飼育です。
昨日、働きアリが誕生しているのを確認。
産卵から3か月の道のりでした。

亜高山オオアリ 写真集

501-1.jpg
501-2.jpg
501-3.jpg
501-4.jpg
501-5.jpg

「亜高山帯のオオアリ変異 その3」から誕生した、ワーカーの写真集です。

検索ワード
カラフトクロオオアリ
黒化ムネアカオオアリ

アクロバット休眠

500-1.jpg

クヌギの葉をくわえて休んでいました。種類は調べていません。
休むという表現は正しくないかも。
とにかく・・・がんばって!(笑)

産卵マシーン

499-1.jpg
499-2.jpg

5年目のクロオオアリ。
今月に入って、女王の腹部が肥大してきた。
およそ1000匹の越冬幼虫が成長を始めているが、女王は構わずに卵を産み落とす。
いったいどれだけ増えるのか。

写真追加、メロン食べてます。

シベリアカタアリは多雌だった

498-1.jpg

シベリアカタアリの生態についてはあまりよく知らず、単雌だと思っていた。
先日出かけた山には、本種が多く生息していたので、コロニーを見つけ出すことができた。
堅く乾燥した枯れ枝に営巣していて、狭いスペースに入り込んでいるので、うまく採集できず、女王を何匹かつぶしてしまった。
合計で5匹はいたと思う。最終的に2匹の女王が残った。

カラフトクロオオアリ型の個体に初子

497-1.jpg
497-2.jpg
497-3.jpg

「亜高山帯のオオアリ変異 その3」で紹介した個体の働きアリが,4月29日に羽化しました。
現在2匹で,まもなく3匹目が羽化するでしょう。
細かい観察は,また後ほど。

女王の詳細な色彩はこちら
http://suradake.blog.fc2.com/blog-entry-916.html
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック