暖を求めて

308-1.jpg
600匹超えるクロオオアリのコロニー。
ヒーターの電源をつけると、壁面に働きアリが集まってくる。
今年は雄アリが生まれないかなぁ。

Camponotus japonicus

ヒゲナガアメイロケ 引っ越し完了

307-1.jpg

新しいケースへ移した。
幼虫はまだ成長していない。女王も腹部が小さい。
だが、徐々に活気がでてきたように感じる。

Lasius meridionalis
Lasius japonicus

飼育下ペアリングのツヤクロヤマ その後

654-1.jpg
654-2.jpg

昨年、ツヤクロヤマアリの交尾シーンに写っていたあの雌は、11匹のワーカーと共に無事に冬を越すことができた。
状態もよく、交尾の一部始終を観察していたので、ワーカー誕生を確信している。
今年は最低でも50匹、うまくいけば100匹くらいまで増やしたい。

Formica candida

ツヤクシケアリ

305-1.jpg

日本産フタフシのなかでは大型種で、しかも美しい。
これは単独で徘徊している雌を採集して、蛹を投与、コロニー化したもの。
結婚飛行の時期ではないので、なぜ雌が徘徊していたのかは不明。
産卵数など問題ないので、元気な雌ではあるようだ。
今年は100匹まで増やしたい。

Manica yessensis

もう一つのヤマクロヤマアリ

304-1.jpg

これは昨年8月に飛行後の個体を拾ったもの。
もう半年以上冷蔵庫で管理してしまった。
常温飼育していれば、すでにワーカーが誕生していたかもしれない。
まずは10匹まで増やしたい。

Formica lemani

飼育開始

303-1.jpg

3年目を迎えるヤマクロヤマアリ。
今日、ツヤクロヤマアリ、ツヤクシケアリと共に冷蔵庫から出して、4月の産卵を目指す。
現在ワーカー数は100匹を超えている。

Formica lemani

ムネアカオオアリ(黒化型)

302-1.jpg

3年目を迎える。
越冬期間の間に数匹の働き蟻が死んだ。
まだ幼虫の成長は見られない。去年もそうだった。
屋久島でとれたアリなので,通常のムネアカオオアリよりも高い温度を要するのか?
でも標高が1000mでの採集と聞いているので,温度管理に迷う。

Camponotus hemichlaena

ミカドオオアリ

301-1.jpg

2年目のコロニー。
オオアリの中では,最も早く幼虫の成長が確認できた。
今年も順調に増えてくれそうだ。

Camponotus kiusiuensis

ムネアカオオアリ

300-1.jpg

各アリの引っ越し作業がほぼ終わった。

これは昨年,福島で採集したムネアカオオアリ女王。
既に越冬幼虫が成長を始めていた。

Camponotus obscuripes

ツヤクロヤマアリ

299-1.jpg

昨日から変態が始まって、今朝には完全に蛹となった。
結局繭を張ることはできなかった。

他の幼虫も繭を張ろうと体をくねらせるが、繭を作ることができず前蛹になった。

Formica candida
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック