近況


ヤマヨツボシオオアリで色づいた蛹を確認。まもなく羽化するであろう。
幼虫もたくさんいるし,産卵数も今のところ問題ない。

ヤマクロヤマアリで繭を張る幼虫確認。

クロナガアリ新女王も産卵を始める。

ヤマクロヤマにサムライ


先日紹介したサムライアリのコロニーから幼虫を採集してきた。
これをヤマクロヤマアリのコロニーに入れてみる。
何の抵抗もなく幼虫は受け入れられた。
サムライアリの働きアリが,ヤマクロヤマアリの女王を殺してしまうような事はないだろうけど。
とにかく前々からヤマクロとサムライの混生には興味があったので,羽化を楽しみにする。

ラッシュ

クサアリモドキのワーカーが2匹羽化していた。
これからどんどん増えそう。
これに続いて卵も一斉に孵化している。
女王の産卵も続いているようだ。

羽化間近


クサアリモドキのコロニーで色づいた蛹がある。
これから毎日羽化が見られるようになるだろう。

アズマオオズアリの幼虫も少しずつ増えている。

プロフィールを更新しました。
主な飼育種についてまとめてあります。

産卵


クロオオアリもケースを増設。

ムネアカオオアリで産卵確認。

ケース増設

クロヤマアリとヤマヨツボシオオアリが窮屈そうなので,
蟻巣を作って増設した。
そのヤマヨツボシオオアリは繭が21個確認できた。

あとトゲアリが調子良い。
あの育たない幼虫が,面白いくらい育っている。
でも,羽化するまで喜んではいけない。
それに女王が産卵しているかもまだ確認できていない。

サムライアリ

111-1.jpg

クロヤマアリを採集するために仕掛けおいたトラップを回収したところ,サムライアリのワーカーが混じっていた。
このコロニーでは何度か採集を試みていたが,いつもクロヤマアリのワーカーだけで,女王は採集できないでいた。
これでクロヤマの女王が入らない理由はわかった。
でも,今までサムライアリの姿は見えなかったので,今日になってやっと確認できたのはちょっと意外だった。
んで,今度はサムライ女王が入らないかと期待する。果たして?

Polyergus samurai

クロナガアリ採集

110-1.jpg
110-2.jpg
110-3.jpg
110-4.jpg

去年は栃木で採集したので,今年は茨城方面で採集した。
全部で20匹近くの成果。

Messor aciculatus

クロナガアリ結婚飛行 後編

109-1.jpg
109-2.jpg
109-3.jpg
109-4.jpg

あちらこちらで,雌が働きアリに襲われるシーンを見た。
恐らく,飛行を終えて地面に降りた雌が襲われているんだろうけど,これは巣が違うから攻撃されているのか,同じ巣でも攻撃されるのか。
そもそもこれは攻撃なのか。(見た目は本当に攻撃っぽい)

観察を続けていると,これから飛行に出る雌の横で,脱羽雌が巣穴に引きずり込まれようとしている。
最後まで観察できなかったが,あの様子だと巣に引き込まれるだろう。

まだ飛行は続くと思うから,次回は採集して様子を見よう!

Messor aciculatus

雄、落ちる

108-1.jpg
108-2.jpg

クロナガアリの結婚飛行を観察していると,交尾中のペアが地面に落下してくる。
その衝撃で,雄は雌の体から振り落とされそうになるのを必死に耐えているわけだが,雌はそんなことお構いなし。
再び雌が上空へ飛び立つ時,雄は滑り落ちてしまった。

後編へ続く

Messor aciculatus

クロナガアリ結婚飛行 前編

107-1.jpg
107-2.jpg
107-3.jpg
107-4.jpg
107-5.jpg

本日,クロナガアリの結婚飛行が行われた。
昼頃から脱羽雌が歩いており,午後3時頃でも飛行している個体がみられた。

写真解説
1枚目,飛行のタイミングを図る羽アリと働きアリ。
2枚目,まもなく飛翔する雌。
3枚目,交尾を行う雌雄。
4枚目,脱羽する雌。
5枚目,巣作りを始める雌。

Messor aciculatus

庭の春

221-1.jpg
221-2.jpg
221-3.jpg
221-4.jpg

庭で撮影した写真をいろいろと載せてみた。

二枚目のウマノスズクサは今年から地植えで育てている。
ウマノスズクサはジャコウアゲハの食草。
近所の土手沿いにウマノスズクサの群生地があり,そこにジャコウアゲハの幼虫もいる。
ところが,年に何度か草刈りが行われてジャコウアゲハにも被害が出る。その時に採集して庭で育ててやるつもりだ。

三枚目はシロアリ。これは我が家で飼育しているアリのエサに使った。
たぶん家にも入っているんだろうな・・・。

四枚目はダイオウグミ(ビックグミとも言う)です。
花が咲きそうです。
木は2本あって,開花を合わせないと行けないのですが,少しずれています。たぶん冬場の管理のちがいでしょう。

今日のありんこ

そろそろ,クロオオアリは150匹。
クロヤマアリは250匹に達するか超えるかの所にきている。
特にクロオオアリの幼虫は肥えていて,様々なサイズのワーカーが誕生しているので面白い。
ヤマヨツボシオオアリは繭も大きな幼虫も増えていたので良かった。
それぞれに牛乳に砂糖を溶かしたエサをあたえた。
初めての味で最初は抵抗を示すが,一度食いつけば次々と群がる。
クサアリモドキにはシロアリを与える。

働きアリの産卵

105-1.jpg
105-2.jpg
105-3.jpg

女王がいないクロヤマアリのコロニー。
連日働きアリが産卵しています。

そういえば先日,クロヤマアリの巨大なコロニーから採集した働きアリの腹部を解剖したら,卵のようなものが出てきました。
大きなコロニーでは,巣全体に女王のフェロモンが行き届かないため,一部の働きアリが産卵して雄を生産することがあるようですね。

参考資料:「単為生殖の話」
http://www.geocities.jp/tomioitow/newpage25.html

Formica japonica

近況2


3年目のアズマオオズアリでは今年最初のワーカーが誕生している。
しかしながら幼虫は少なく,まだ本来の増え方をしていない。

ヤマヨツボシオオアリで繭を一つ確認。でも小さい。
幼虫の成長は遅いが,全体的に色艶は良い。繭の山が見られるのはいつになるだろう。
卵の数は多い。

クロオオアリは毎日卵を産み落としているのを見る。
クロヤマアリも同じようなペースだ。羽化したての白いワーカーがあちこちに確認できる。

満開

219-1.jpg

桃,桜,満開!
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック