ウメマツアリ

273-1.jpg
273-2.jpg
274-1.jpg

林縁に落ちている,湿って柔らかい朽ち木に営巣していた。
羽アリが生産されている,大きなコロニーだ。
本種は正常翅型と短翅型が存在する。
このコロニーで見られる雌アリの殆どは,
写真のように退化した短い翅を持つ短翅型である。
右の黒い個体は雄。

短翅型の雌が大半を占める中,少数の正常翅型も見られた(上の個体)。
残念ながら,このコロニーが単雌か多雌かは確認できなかった。

データベースには,ウメマツアリの営巣場所を朽ち木中としているが,
実際,土中からも多くのコロニーを見つけることができる。
土中から採集したコロニーには,複数の脱翅雌が見られた。

Vollenhovia emeryi

気になるヤマアリ

272-1.jpg
272-2.jpg
272-3.jpg

(写真一枚目)一般的と思われるクロヤマアリ。体長は約6ミリ。データベースの記述通りだ。


(二枚目)そしてこちらがハヤシクロヤマアリ。体長は未計測であったが,
外見からして,間違いなくハヤシクロヤマアリである。


(三枚目)では,このアリはどうだろう?
体色はハヤシクロヤマアリに近いが,
体表の光沢は,クロヤマアリと変わらない。
さらに体長は空腹時でも7ミリあり,
満腹時であれば,8ミリに達すると思われる。

クロヤマアリとハヤシクロヤマアリの雑種の様なものが存在するのか。
それとも,発展したクロヤマアリのコロニーから,
通常より大型の働きアリが誕生しただけなのか。
そうでもなければ,ハヤシクロヤマやクロヤマでもない別種が存在するか?

この事については,周りでも話題が出ていたと思う。

Formica
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック