マイクロT(ラミネーター)チューン完了

マイクロラミネーター
やっと入荷した3レーシングのギヤボックスが届きました。
これどうしても必要だったんです。
というもノーマルの樹脂ギヤボックスに使われている軸受が真鍮製で、高回転のモーターだと特に摩耗しやすいのです。
摩耗するとシャフト部分のガタが出て、走行すらできなくなります。
この新しいギヤボックスは軸受がベアリングなので、駆動ロスも少なく摩耗の心配もありません。
ただし、中のデフギヤが上手く噛みあわないので、シムなどで調整して使っています。

バッテリーはエネループを使用しています。4セルです。
770mAhを使っているので、ロッシマイクロシリーズとは思えないほど持ちが良いですが、その分重たいです。
しかも後方に積んでいるので、簡単にウィリーします。
エネループには550mAhも出ていて、770に比べると1セル2グラム軽いです。これだと8グラムも軽量化できます。
550でも十分な走行時間があるので、こっちのほうが良かったかなと思ったりします。
またブラシレスとの相性も、リポには敵いませんが、そこそこのパワーは出ていると思います。
マイクロギヤボックス
マイクロギヤボックス内部

ホイールカバーも作ってみました。使っていないパーツを色々組み合わせていたら、できました。
なんかF1でこういうのありましたね。
カーボンのプレートは、ミニッツのフリクションダンパー用を流用してます。

マイクロラミネーターブラシレス化 後編

ミニッツVE基盤とマイクロTサーボの配線
一番難しいサーボの配線も、前の経験があったので順調に進みました。
VE基盤だと、SM-、SM+、1、2、3、という番号があります。
マイクロTサーボの線は灰、青、黒、赤、白です。
SM-(灰)、SM+(青)、1(黒)、2(赤)、3(白)、に配線します。

モーターの配線
モーターは全然分かりませんでしたが、適当にやっていたらこの組み合わせで動きました(汗)。

マイクロラミネーターブラシレス化
バッテリー、スイッチの配線も無事に終わり、起動もOKでした。
ところが走らせてみると異常に遅い。
問題はバッテリーのようです。ロッシ純正の4.8V150mAhのニッケル水素ですが、劣化しているようなのです。
リポにしようかと思いましたが、その必要はなさそうです。エネループをつないでみたところ、とても速く動きました。
ということで、このシャーシにはエネループを載せたいと思います。次回へつづく・・・

京商 MINI-Z R/Cユニットセット(MR-03VE/RA-27)

京商 MINI-Z R/Cユニットセット(MR-03VE/RA-27)
価格:10,395円(税込、送料別)

マイクロラミネーターブラシレス化 前編

ラジコンの季節がやってきました。
自分でもなんでラジコンをやっているのかよく分かりません。
モータースポーツに興味があって、細かい作業とか機械いじりが好きだから?
そういえば、金属部品とか好きだなぁ。(どう好きなのか説明できない)
また、改造に数ヶ月かけておきながら、走らすのは数分程度という。
でもそれで楽しいからいいのです。

さて、以前にも一度紹介したロッシのマイクロラミネーターですが、
この度、ブラシレス化を決行します。

ブラシレス10250kv
購入したのは3レーシングのカーボンシャーシと、ロッシの10250kvブラシレスモーター。
そして新しく出たミニッツ03のVE基盤を使います。
マイクロラミネーターカーボンシャーシ
ここまで組み立てました。後は基盤の配線になります。
これは面倒だけど、やりがいのある作業。あとでじっくり楽しみます。

マイクロTミニッツ基盤
過去にはマイクロTにミニッツ基盤を載せたこともありました。


マイクロデザートトラックブラシレス2.4G
これはマイクロDTフルオプションですね。
作ってすぐに売ってしまいました。
このときはEX5UR送受信機を使っていました。受信機とブラシレス用のアンプが大きく場所を取って、美観を損ねました。
その点今回はミニッツ基盤1枚ですから、すっきりとした仕上がりになりそうです。
理論上は動くはずですが、それでも完成して動かすまでは不安です。

マイクロラミネーターのシャーシ

先日少し紹介したRCのシャーシを見てみよう。

mr1.jpg
シャーシは予想通り、マイクロTと同じだった。
ホイールがモンスターになっているのと、リヤにウィリーバーが付いている。

mr3.jpg
ウィリーバーにはバッテリーボックスが備えられている。
重心を後部に持ってくることにより、ウィリーが容易にできる。


mr2.jpg
シャーシはマイクロTなので、本来のバッテリーボックスも使用できる。
ウィリーしない場合は、こちらにバッテリーを収納した方が、走行しやすい。

mr5.jpg
イーグルから出ている、ヒートシンクモーターマウントを購入。
アルミ製で軽量化できる。また見た目もよい。さらにベアリングもセットしました。
近々走行動画を載せる予定です。

ロッシ 1/36 ラミネーター・モンスタートラックRTR

130417e.jpg
Team Losi(アメリカ)から発売されている、1/36 Micro Raminator Monster Truck RTRが届いた。
losiはマイクロシリーズを出していて、ラミネーター以外にも、マイクロTSCTなどで遊んだことがあります。
今回のラミネーターが発売されたのは5年以上前でしょうか。
ずっと気になっていたのですが、なぜか今頃の購入となってしまいました。
130417f.jpg
サイズはもちろん小さいです

130417g.jpg
乾電池がちゃんと付いているのですが、電池が入っている箱に怪しげなシミが・・・。

130417h.jpg
開けてみると案の定、電池が液漏れしてました。

さらにシャーシの電池も青い粉を吹いてました(汗)
製造日が古かったのでしょうかね。
電池はいくらでもあるので、特にこまることはありませんが。
シャーシ構造の解説や、走行インプレッションは後日。



SCTアルミダンパー

57-1.jpg
57-2.jpg
57-3.jpg

昨日のパーツを装着しました。ブルーアルマイトと本格的な作りがかっこいいです。LOSB1642を装着すると、最小回転半径がノーマルよりも小さくなり、小回りが利くようになります。これは、ノーマルでは接触してしまう部分の形状の違いで、可動範囲が広くなっているのですが、文章では説明が難しいです。

SCTオプションパーツ

56-1_20170120162207df4.jpg

今回届きましたのは、SCT純正オプションパーツ、
LOSB1642 Spindle Set, Aluminum: Micro 4WD SCT, Rally
LOSB1643 Spindle Carrier, Aluminum: Micro 4WD SCT, Rally
LOSB1644 Rear Hub Set, Aluminum: Micro 4WD SCT, Rally
LOSB1647 Shock Set, Aluminum: Micro 4WD SCT, Rally
の4点になります。

ノーマルのダンパーパーツを紛失してしまったので、この際に、まとめて購入することにしたのです。全額10000円を超えちゃいました・・・・
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック