活発なグル

諏訪湖の氷は少しずつ解けています。
氷の中から魚の死骸が出てくるようで、カラスやトビが見つけたものを横取りという形で、グルは何度も食事をしているようです。

オオワシ1702s1
お昼過ぎ、氷上で食事を終えたグルが飛び立ちます。少しずつ高度を上げてこちらに流れてきました。


オオワシ1702s2
まだ遠いですが、光の当たりはまずまずで綺麗でした。

オオワシ1702s10
上の等倍切り出し。LUMIX DC-G9 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm

オオワシ1702s3
旋回してさらに近づいてきます。

オオワシ1702s8
高度を上げてきたグル。

オオワシ1702s4
ノートリでこの距離まで来ました。ちょっと下を気にするグルさんです。

オオワシ1702s5
今年はよいタイミングを逃すことが多かったのですが、やっと近くで撮れました。感無量。

オオワシ1702s6
ちょい視線を上げ、さらに高度を上げていきます。
そのまま山の裏に消えたグルは、しばらくして再び諏訪湖に出ていきました。

オオワシ1702s7
少しトリミング。

オオワシ1702s11
上の等倍切り出し。LUMIX DC-G9 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm

ところで、午前中に湖面で変な動きをしていたグル。遠くてよく見えませんでしたが、やはりお腹の羽がびしょびしょだったので、薄氷を踏んで水に落ちたのかもしれません。
オオワシ1702s9

来週は諏訪湖の氷も完全に解けそうです。果たして魚を狩る姿は見ることができるのでしょうか。

曇りの日

オオワシ180221a2
13時前に現着すると、グルが氷上に見当たりません。なんと飛んでいました。下諏訪上空を旋回すると、そのまま山へ消えてしまいました。

もっと見たかったよ

オオワシ180217b
グルは殆どの時間を氷上で過ごし、17時ごろ山に帰るのが最近のパターン。
17時から用事があった私は、グルの早いお帰りを期待していましたが、この日のグルはオジロワシを追い払ったり、狩りを試みたりと大忙し。まだ帰りそうにないな・・・。時間が迫り機材の撤収を始めると「飛んだ!」との声がかかりました。この時点で16時10分くらい。お、来るのか!と慌てて戻ると、「わ、なんか凄い所に止まったぞお!」との情報。なんだ、降りちゃったのかーと肩を落としながら、凄いところってどこだろー??と場所を確認すると、ほんとだ、こりゃ凄い(近い)。
帰りにグルが降りたポイントに寄り道できると思い、急いでその場を出発しました。
ポイントに到着するとグルはその場に留まっていました。その近さに驚きながらも、時間がなかったので50発ほど連写して肉眼で眺める余裕もなくその場を去りました。

寒い日のグル

連休の朝、高台でグルを探していると、千葉らか来たという鳥見さんが声をかけてきました。
なんでも湖畔を回ってきたがカメラマンを見つけることができず、高台に来ても無人なので、どういう状況か理解できず困っているとのこと。
グルは殆どの時間を氷上で過ごしていて、今もどこかにいると思うと説明し、捜索を続行しました。
しばらくしてグルが岡谷の方にいるのを確認しました。一番近いところは大通りから外れているので、カメラマンを発見できなかったのでしょう。道も分からなそうだったので、とりあえず一緒に山を下りることに。

オオワシ1802a
湖畔の一番近いところに到着すると、案の定多くのカメラマンが来てました。グルは肉眼でもはっきりと見えます。千葉から来た人もこれで一安心ですね。

オオワシ1802b
さてさて、これは別の日のグル。
ノートリミングでこの距離。遠くはないですがびっくりするほど近くもないです。

オオワシ1802c
トリミング。

オオワシ1802d
ノートリでこれくらいは撮りたいところです。
何はともあれ諏訪湖の氷が解けてくれないことにはシャッターチャンスが増えません。
天気予報をチェックすると・・・ムム、解けない!?

御神渡りとグル

オオワシ180207a2
全面結氷した諏訪湖の氷がせり上がる現象、通称「御神渡り」。

オオワシ180207b
グルは諏訪湖の景色の一部なのです。

オオワシ180207c
諏訪湖の模様は日々変化して行きます。

樹上のグル

オオワシ180203a
グルを探すとき、山側では白点を、凍った湖面では黒点を目印に探します。
しかし、雪が降ると山の木々は白点だらけになり、グルを見つけるのが困難になります。
この日は遠方からグルを見つけることができませんでした。発見を諦め、グルがよく止まる木の近くを下見することにしました。

オオワシ180203b
ぶらぶらと探索していると、なんと樹上にグルがいるではありませんか。いつも遠くから見ているあの木だ!

オオワシ180203c
しかもグルは止まって間もないようです。しばらくすると湖岸で行方を追跡していたと思われるカメラマンが続々と入ってきました。

オオワシ180203d
全く準備していませんでしたが、成り行きで、グルの飛び出しまで待つことに。
このような形で観察するのは初めてなので、全てが新鮮でした。

そして待つこと1時間ちょい?

オオワシ180203e
飛んだ!

飛び

P1023594.jpg
P1023514.jpg
トビで撮影の練習。

P1023345.jpg
この距離でオオワシを撮りたい。

P1023883.jpg
ねぐらに帰るオオワシ。お腹いっぱいの様子だ。
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック