商館時計 レッツ商会シリンダー脱進機

レッツ商会シリンダー脱進機
再び時計修理です。
レッツ商会の商館時計で、シリンダー脱進機の機械になります。
サイズは55ミリ弱と一般的。入手時不動でした。

レッツ商会シリンダー脱進機2
分解清掃。香箱内ゼンマイ切れがありました。
切れたゼンマイは加工して繋ぐ方法がありますが、とても面倒なので今回はスペアを使用しました。

レッツ商会シリンダー脱進機3
この時計にはもう一つ問題がありました。
時送り切り替え装置の押さえバネが壊れています。すでにオリジナルは失われていて、誰かが自作した部品が使われていましたが、壊れたようです。
あまりよい作りとはいえず、部品の調達が難しかった時代に、手元にあるもので何とか作ったものかもしれません。

レッツ商会シリンダー脱進機4
現代ではホームセンターで適当な材料が手に入ります。
一本のピアノ線を曲げ加工して完成です。

レッツ商会シリンダー脱進機5
無事に動きました。
シリンダー脱進機の調子もよく日差1分以内です。全体的な状態の良さをみると、ずっと故障したまま使われずに保管されていたのでしょう。

レッツ商會 商館時計 15分遅れから復活

レッツ商會懐中時計1
レッツ商会の懐中時計です。年代は1890年から1900年くらいでしょうか。
この時計は15分近く遅れていました。歯車の回転、筒カナ抜け、針の接触等、一つ一つチェックしても問題は見あたらず最終的にテンプの調整が必要という結論に達しました。

レッツ商會懐中時計テンプ調整
テンプの調整技術は習得していなかったので、絶望していたのですが、諦めることもできず、ジャンク品で研究と練習を重ねてきました。
その甲斐あって、ようやく調整に踏み切ることができました。
ヒゲゼンマイの稼働長を短くします。ヒゲ持ちを動かします。動かしたヒゲ持ちが元の位置になるようヒゲ玉の向きを変え、外径が小さくなったヒゲゼンマイが緩急針に収まるよう形状を調整するなど大変な作業でした。右が調整後の画像ですが、実際は進み傾向になり、もう一度調整を入れました。
(注:独学の素人による調整です。正しいやり方と異なるかもしれません。決して真似をしないようお願いします。壊すと時計屋さんも受けてくれません)

レッツ商會懐中時計2
機会全景。ガラス張りなので埃の心配なく鑑賞できるのがこの時代の商館時計の魅力です。
今は日差1分以内です。後は緩急針で調整するのですが、これがまた大変。理想は進み20秒以内にしたいのですが、今は10秒ほど遅れているようです。使用状況によっては進むこともあります。ここまで来れただけでもいいかなと。姿勢差にも強いので実用もできるレベルです。

レッツ商會懐中時計3
レッツ商會懐中時計4
レッツ商会はよく見かけますが、資料が少なくよくわかりません。
虫の商標が好きです。素材は銀800です。

レッツ商會懐中時計5
裏蓋のななこ模様が素敵です。

レッツ商會懐中時計6
商館時計の一般的なサイズが50ミリを越えるのに比べ、本機は48ミリと小柄なケースで、ポケットに入れても程よい感触をもたらします。

Midoの古い腕時計 復活

Mido サファイア18石1
1940年前後の古い腕時計です。オークションにてジャンク品を安価で購入したものですが、テンプのホゾが著しく摩耗しており、素人では(時計屋さんも断るかも)修理困難でした。

修理するためには、同型のムーブメント(機械)を入手し、部品を移植するしかありませんでした。
このような古い時計は数が少なく、同じものが出てくるか分からなかったのですが、奇跡的に入手することができました。

無事に部品も合わせることができ、日差30秒以内の精度で動き始めました。

Mido サファイア18石2
ムーブメントは大変美しく、サファイアの軸受けが使われています。
この手の時計では珍しい18石となっています。

時計に使われるルビーやサファイアは宝石として有名ですが、元はコランダムという鉱物で、混入する不純物がクロムの場合赤いルビーとなり、鉄、チタンの場合青いサファイアになるそうです。それらの硬度はダイヤモンドに次ぐ強さと言われています。
この強度により摩耗を抑えることができるのですね。

Mido サファイア18石3
金色の時計ですが、ケースの裏蓋にはK18の刻印があり、ゴールドフィールドと表記がありました。
金張りで、メッキより少し厚いものになります。

Mido サファイア18石4
アンクルという部品です。無色透明の石が使われていますが、何でしょうか。

Mido サファイア18石5
2、3、4番歯車のサファイア軸受け。
ミドーは1918年創業のスイスの時計メーカー。

Mido サファイア18石6
文字盤側の軸受け。3番車に濃い赤のルビー石。

Mido サファイア18石7
少しくすんだ色合いが、アンティークの雰囲気を出しています。

JOHOREの商館時計を入手

JOHORE懐中時計1
商標:JOHORE 寅マーク
商会:北出作治郎商店
年代:1897年前後
サイズ:54ミリ(3時~9時方向のケース直径)

ジャンク品として購入。色々リスクはあったが、買って正解だった。とても状態が良い。
もちろんそのままでは動かなかった訳だが・・・分解、清掃、注油で復活しました。針座が付いていなかったのでそこは自作しました。
大型で、文字盤に商標があるし、豪華な飾り石が付いた針、見ごたえ十分な顔です。


JOHORE懐中時計2
とにかく綺麗です。裏蓋の鏡面に機械が移りこんでいます。JOHOREの商標マークもかっこいいです。
歯車の軸受けはルビーで、シャトン留め仕様となっています。

JOHORE懐中時計3
1897年前後の商館時計らしいですが、そうは思えないくらい綺麗です。

分解中
洗浄前のムーブメントですが、古いオイルの汚れだけで錆はなかったため、ベンジン洗浄で簡単に綺麗になりました。

JOHORE懐中時計4
裏蓋のななこ模様も摩耗が殆どなく素晴らしいです。1っか所わずかにへこみがありますが、これはこれでいいのです。

商館時計付属の方位磁石
付属の方位磁石もお気に入りです。

コロン商会 商館時計

再びジャンク品を入手。
明治31年にフランス人が開業したコロン商会の懐中時計である。
不動品としては価格が高めだったが、購入の決め手は文字盤と針の飾り石の状態がよかったこと。
まず分解する前に時計を振って見たが、テンプは固まっていて殆ど動きがない。大丈夫か・・・。
1正面風防
2機会側風防を外す
破損は見られないので洗浄、オイルアップすれば稼動するだろうと信じていざ分解。
風防を外し、ゼンマイをほどき竜頭を抜く。

3時針など外す
5文字盤を外す
針、文字盤を外す。文字盤はムーブメントを外してからでもいいのかな?

4ムーブメントの取り出し
ムーブメントを外す。

6時送り装置
時送りの切り替え装置の様子。

7分解
分解、洗浄。ヒゲゼンマイは少しサビが出ていた。今後悪化しないよう予防的な処置だけしておいた。

8角穴車の磨き
角穴、丸穴車のサビを磨く。
練習用のムーブメントで外れなかった角穴車は、実はネジ切りがしてあるということに気がついた。2つの穴の意味がやっとわかった。

9爪の修正
蓋を開ける際に働くバネの動きも錆落としで改善。

オイルアップしながら組み上げ完成。
     ↓
     ↓

10作業後正面
針の飾り石が素敵なのです。

11裏
ケースはあえて磨かず、古さの味わいを楽しみます。

12比較
組み上げ後調子が悪く、テンプの動きに力強さがなく止まってしまうことも多々あったのですが、時間の経過と共に改善しました。
時間の経過で動きがよくなるのは、練習用のムーブメントでも同じでした。
もしかしたらオイルの塗り過ぎで、はじめ抵抗が出ているのかもしれません。長期動かしていないので、慣らしの効果も考えられます。



13コロン商会
最終的には日差1分以内の精度に回復しました。力強さも戻っています。
無事ジャンク品復活です。

スイスA★F NOVOSTAR(ノボスター)時計油 AF17313 【油/オイル/グリス/保護用品/時計工具/腕時計工具】【RCP】

価格:1,296円
(2016/2/28 08:14時点)
感想(1件)



スイスA★F NOVOSTAR(ノボスター)時計油 AF 17311.5 【油/オイル/グリス/保護用品/時計工具/腕時計工具/潤滑/ケア】【RCP】

価格:1,782円
(2016/2/28 08:15時点)
感想(1件)



機械式懐中時計ジャンク品動いた

o1.jpg
すっかり機械式懐中時計にはまってしまった。今まで気になっていた存在ではあるが、「古の時計」は、この世界に入るよいきっかけだった。

o2.jpg
僕は古物も好きなので、大正、明治の商館時計を集めていきたい。
そしてある程度は自分でメンテナンスもしていきたい。(業者に頼めば数万かかる)
そのためには、機械式時計の基本的な構造、その時代の時計の特徴を理解する必要がある。
どんな時計でも触れるプロのようにはなれないが、自分が好きな特定の部類くらいは理解できるようになりたい。
その点懐中時計はサイズが大きいので、扱いやすいのは助けになる。

今回は安価なジャンク品で練習する。
風防もなく不動品とのことだったが、届いてみると少しテンプが動くなど、分解洗浄すれば復活する兆しがあった。
写真1枚目からすでに分解作業に入っている。
ある程度はネットで情報を集めたものの、それらは断片的なものなので実際に作業を始めるとつまずく。竜頭をはずすにもどれくらいネジを緩めるのか、文字盤やムーブメントを固定しているネジはどこなのか、各パーツをはずす際の力加減なども、実際にやってみなければわからない。本当によい経験になった。

o3.jpg
ムーブメントを固定するホルダーは家にあった廃材を利用したため200円ほどの制作費。また精密ドライバーも家にあるものを削って調整した。とにかくお金はかけない。

o4.jpg
テンプははずすだけで、バラさない。心臓部なので初心者には無理。そのままの形でベンジンにつけサッと洗い。
いくつかトラブルがあって角穴車、文字盤側の筒カナが取れなかった。これにより連動している2番車や香箱が取り出せず、組んだままの洗浄となった。今後の懸念材料でこの個体の欠陥なのか、自分のやり方が間違っているのか・・・。しかしあれだけ力を入れても取れないのはどうかと思う。欠陥であってほしい。


o5.jpg
無事に組み上げることができた。何より嬉しいのはちゃんと動き出したこと。上記のトラブルを除けばさほど難しいという印象はなかった。穴石やテンプを分解するとなると難易度は一気に上昇するが。


時計の裏蓋はずし用コジアケ 電池交換こじあけ 時計工具【激安】【02P05Dec15】

価格:462円
(2016/2/28 08:16時点)
感想(1件)


プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック