幼虫時代

684-1.jpg

トゲアリの幼虫は、働きアリ同士が足を絡め合い、団子状になったその中で育てられます。働きアリに抱かれて育つのです。いま餌場に出ている年長の働きアリは、幼虫時代にそうような経験をしませんでした。当時はクロオオアリによって地面に置かれた状態で育てられました。

クロオオアリ減る

635-1.jpg

トゲアリコロニー、本日の様子です。
寄主クロオオアリが減っています。寄生当初約280匹だったが、現在は30匹ほど。
クロオオアリが消滅しても、自力でコロニー発展できるほどにトゲアリも数を増やしていますが、まだ餌場には出てきません。

トゲアリ

626-1.jpg

前回の記事から一か月が経ちました。
越冬幼虫はほとんど蛹になり、今年産卵されたものも元気に育っています。

トゲアリ

621-1.jpg

寄生から1年と8か月目です。状態がよいので大コロニーになることを期待しています。一週間もしないうちに今季最初の繭ができるでしょう

トゲアリ 2年目終了

576-1.jpg

昨年寄生させたトゲアリは、目標どおり100匹のワーカーを誕生させることができた。(カウントしていないが、たぶんいる)
気温が下がり、働きアリが一か所に集まったので撮影してみた。
みな若い個体なので、胸の色が明るい。

トゲアリコロニーへ

573-1.jpg
573-2.jpg

トゲアリは現在も蛹があり羽化が続いているが、クロオオアリワーカーが蛹を食べてしまう悪い現象も、何度か確認している。
羽化直後のワーカーはクロオオアリワーカーにより軽い攻撃を受けるが、発色が濃くなるにつれ、攻撃もなくなる。50匹以上いると思われるトゲアリワーカーは、3カ所ぐらいに分散して団子を形成している。

9月4日の様子
http://suradake.blog.fc2.com/blog-entry-1006.html

トゲアリ羽化

569-1.jpg
569-2.jpg

大きな蛹4つからは、やはりクロオオアリの雄が生まれた。
そしてすぐに食べられてしまった。
本題のトゲアリだが、一昨日、最初の羽化を確認して、今日2匹目が生まれた。
これから毎日羽化が見られるだろう。50匹は余裕で超えそう。
目標の100はいくかな?
ここにきて、卵の数も急激に増加。これらは越冬幼虫になるのだろう。
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック