ツヤクシケアリ 2年目カウント

655-1.jpg

昨年秋に採集した新女王。
冬場も加温したので、一年以上も休まず増え続けたことになる。
今冬は低温管理でいく。
当初数匹だった働きアリ数は、大ざっぱなカウントだが、300匹ほどになっていた。
もちろん初期の段階で多数の幼虫、蛹を投与した効果は大きい。
夏には雄アリを十数匹生産した。

ツヤクシケアリ 蛹化

644-1.jpg

冬場も加温したので、ずいぶんと長い活動期間になりますが、
勢いは衰えません!
蛹化が観察できました。幼虫の口が腹部のあたりに確認できますね。

ツヤクシケアリ 雄誕生

615-1.jpg
615-2.jpg
615-3.jpg

ツヤクシケアリの雄が羽化した。
羽化不全が何度か見られたが、今回は大丈夫。

産んだのは、女王でしょうか?

ツヤクシケアリ

611-1.jpg

3コロニーいるうちの、最大規模のコロニー。
女王の腹部が大きい。そして、雄の蛹が8つある(写真にも写ってます)。
今までも何度か蛹化していますが、羽化不全で死んでいます。
今回の蛹は今までより一回り大きいので、羽化成功に期待しましょう。

ツヤクシケアリ 雄アリの蛹

608-1.jpg
608-2.jpg

働きアリ数約150匹のコロニーで雄の蛹が確認できました。

昨年9月に採集した新女王で、近場のコロニーから幼虫を採集して与えたため、現在の数になっています。
それなら、この雄の蛹は、採集した幼虫群に混ざっていたとの見方もできますが、冬場も加温して飼育し、すでに何度も産卵羽化を繰り返しているため、採集時の幼虫が残っている可能性は低いと思います。

僕が注目しているのは、ふじひろさんの飼育例と、そこで紹介されていた増子さんのレポートのことです。

どうやら、ツヤクシケは広範囲に分巣して、DNA解析で雄アリは働きアリによる生産であることが示されたようなのです。

女王アリの存在下で、働きアリは産卵しないでしょうから、分巣(サテライトコロニー)が、ツヤクシケの雄生産に関わってくることになりますが、じゃあ、なんで今回雄の蛹が生産されたのかということです。偶然の個体でしょうか。

僕はツヤクシケアリに詳しくないので、間違った理解がありましたら教えてください。

ツヤクシケアリ幼虫の脱糞

598-1.jpg
598-2.jpg

新たな幼虫も生まれ、賑やかです。
そんな中、幼虫の脱糞を確認できました。まもなく蛹になります!

ツヤクシケアリ

584-1.jpg

働きアリ数が増えてきました。とても賑やかです。
幼虫と蛹は沢山ありますが、産卵数は少なめです。
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック