クヌギの剪定

クヌギ171105a
クヌギの剪定を行いました。

クヌギ171105b
葉も大きくて近所に迷惑をかけるといけないので、落ちる前にできるだけ取ります・・・。
この落ち葉はアク抜きをした後、メダカのバケツに沈めて、冬季の隠れ処になります。

クヌギ171105c
手入れ後のクヌギです(手入れ前との比較なしですみません)。
そこまで小さくするわけではありません。
脚立を立てる位置から届く範囲に切り詰めます。上の方は2階のベランダから手入れしますが、やはり手の届く範囲に切り込みます。

てっぺんは2階の屋根を超えそうですが、幹を太らせたいのでしばらくはそのまま伸ばします。とは言っても、落ち葉のこともあるし、来年は芯の立て替え*が必要になりそうです。

*立て替え=幹の頂点を切り落とし、別の枝を芯(幹の頂点)とする

クヌギの成長

クヌギ170512
庭の、クヌギです。
5月12日撮影、最上部の様子。柔らかな新芽が伸びています。

クヌギ170620a
現在は葉が開いて、しっかりとしています。葉が開くと、西日よけになって助かっています。

クヌギ170620b
樹高は4mを超え、根元の太さは人の腕くらいです。まだまだ小さいのです。

592-3.jpg
このクヌギは2010年に発芽したもので、しばらくは畑で培養していました。
諸事情により、すべてのクヌギを管理していくことが出来なくなったのですが、何とか一本だけ、庭で育てることができています。
このまま10mくらいまで育て、幹の太さを出してから、5mくらいに切り戻す予定ですが、状況に応じてという感じです。
秋にはたくさんの落ち葉が出るので、お隣さんから嫌なイメージを持たれないよう、細心の周囲を払いたいと思います。落ち葉は山からいくらでも飛んできますが、クヌギの葉はやたらでかいですからね・・・

シロリュウキュウ満開に

シロリュウキュウ170411
満開のシロリュウキュウ。花のよい香りがしています。

シロヤシオ170411
こちらはシロヤシオ。花は一度も付いていませんが、年々樹勢が良くなっているので、そろそろ期待できるかも。

ヒノデキリシマ170411
ヒノデキリシマも、つぼみが膨らんで、花が顔を出しました。もう少し!
シロリュウキュウの花が終わる前に咲いてくれるかな?

シロリュウキュウ開花! 梅も開花!

シロリュウキュウ170403a
昨日からゆっくりと、開きはじめ、今朝にはしっかりと咲いていました。

シロリュウキュウ170403b
満開になるのが楽しみです。

南高梅170403
こちらは庭の南高梅。3月27日に1輪咲いて、今は五分咲きくらいです。

春の訪れ

先週からフキノトウがぼちぼち顔を出すようになり、庭のヒヤシンスも葉を出してきました。まだ朝晩は氷点下で、梅の花が咲くのはしばらく先になりそうですが、少しずつ季節が進行しているようです。

シロリュウキュウ170318a
室内は気温が高いので、植物の成長が早いです。嬉しいことに、シロリュウキュウに花が咲きそうです。
冬の間は、芽はそれほど大きくなくて、花が咲くとは思っていなかったのですが、ここ最近急に膨らんだと思ったら、中から白いつぼみが顔を出したのです。

シロリュウキュウ170318b
このシロリュウキュウは、挿し木して3年ぐらいでしょうか。昨年くらいから急に成長して、長い枝を3本ほど伸ばしました。その先につけたのが花芽だったというわけですね。小さく作る予定でしたが、このまま大きく仕立てたほうがよいかもしれません。

ダケカンバ170318
ダケカンバは、芽吹きが早かったです。ダケカンバは白樺と同じカバノキ属で、木肌はベージュ色をしています。
美しい新緑をこの季節に楽しめるとは。

カラマツ170318
こちらも嬉しい新緑。カラマツです。昨年水枯れから復活した木ですが、無事に冬越え、芽吹きました。

植え替えと根の処理

目も膨らんできて植え替えの季節です。

ヤマモミジ1702a
ヤマモミジ小品です。だいぶ枝が充実してきたんですが、昨年針金を食わせてしまって、頭のところにコブができてしまいました。
このままでは先が望めないので、現在針金を巻いているところを新しい芯として、コブのできた芯は赤矢印のところで取り除きます。


ヤマモミジ1702b
切り取り後の様子です。
今針金の巻いてある芯が、今後どのように発展していくか見てみましょう。
太りが早いので、また針金が食い込んでしまわないよう気をつけます。

ヤマモミジ1702c
根の処理です。
取り木してから年数も経って、しっかりとした根張りになってきました。
取り木の様子→http://suradake.blog.fc2.com/blog-entry-283.html

ヤマモミジ1702d
根を切り詰めて植えつけます。ちょっと切り詰めが甘い気がしますが、どうだろう・・・

五葉松瑞祥1702a
こちらは全然形になってない瑞祥です。難しいので枯れなければいいという気持ちです。

五葉松瑞祥1702b
軽く切り詰めて植えつけます。

五葉松瑞祥1702c
完成!

記事で取り上げたのはほんの一部ですが、このような作業を各鉢植えに施しました。

消毒完了

消毒しました17
だいぶ遅くなってしまいましたが、硫黄合剤で消毒しました。
なんか少しずつ鉢が増えてるような・・・(-. - ;

黒松170216
後は芽吹きを待つのみ!? あ、植え替えもしなくちゃだー
なんだかんだで結局ぎりぎりになっちゃうのよね。

土の買い出ししないと。
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック