クヌギの剪定

クヌギ171105a
クヌギの剪定を行いました。

クヌギ171105b
葉も大きくて近所に迷惑をかけるといけないので、落ちる前にできるだけ取ります・・・。
この落ち葉はアク抜きをした後、メダカのバケツに沈めて、冬季の隠れ処になります。

クヌギ171105c
手入れ後のクヌギです(手入れ前との比較なしですみません)。
そこまで小さくするわけではありません。
脚立を立てる位置から届く範囲に切り詰めます。上の方は2階のベランダから手入れしますが、やはり手の届く範囲に切り込みます。

てっぺんは2階の屋根を超えそうですが、幹を太らせたいのでしばらくはそのまま伸ばします。とは言っても、落ち葉のこともあるし、来年は芯の立て替え*が必要になりそうです。

*立て替え=幹の頂点を切り落とし、別の枝を芯(幹の頂点)とする

晩秋の水甕

ヤマモミジ171105
紅葉のピークも過ぎ去り、木々の枝が少しづつ寂しくなっています。

今日はメダカと水甕の様子です。

10月の初めごろ急に冷え込んで、1日の気温差が15度以上の時がありました。
お盆過ぎから孵化した小さな幼魚はこの環境に耐えられず、死んでしまいました。1センチほどに成長していたグループは何とか生き延びました。

メダカと水甕171105a
それからもしばらくは外で我慢してもらいましたが、さすがにこれ以上は危険なので、本日室内へと移動させました。

メダカと水甕171105b
水面にモミジを浮かべて遊んでみました。

メダカと水甕171105c
水甕、青水、白メダカ、紅葉(モミジ)、素晴らしいマッチングだと思いませんか。

増えません

カラフトクロオオアリ171022a
カラフトクロオオアリです。
やはり昨年の越冬幼虫が育っただけで終了しました。今年産卵したものは、育たず越冬幼虫です。働きアリの総数は18匹。越冬幼虫の数はもう少しあるでしょうか。
この流れだと増える感じが全くしません。

カラフトクロオオアリ171022b
女王、働きアリの健康状態は良さそうです。

アギトアリのその後

アギトアリ171022
アギトアリは温室に移動しました。7月~8月にピークが来て、そこで増産しました。飼育ケースも6連になりました。お盆が過ぎてからは後続の幼虫が減り、10月頃もう一度ピークが来るであろうという予測も外れ、現在に至ります。
最近になって大きな幼虫が出てきましたが、気温は下がる一方なので、今年はダメかと思います。


オキナワアギトアリ171022
さて、こちらはオキナワアギトアリです。
女王を失ってから、新たに誕生した雌雄により、コロニー存続を図っていました。
脱翅雌は7匹得られ、3匹と4匹の2コロニーに(当初は3-2-2で分ける予定が面倒で3-4に)分けました。
Q4のグループは調子が悪く、脱翅雌が徘徊するなど全て死亡しました。未交尾だったのでしょう。
Q3のグループは全ての女王が健在で、羽化も見られましたが、羽化した個体が新女王の子供かは確認できず、交尾できているのかは不明です。女王の部屋に卵があるので、産卵はしているようです。来年には結果が分かるでしょう。

トゲアリの寄生

トゲアリ171013a
クロオオアリのにおいを付けるトゲアリの新女王。攻撃される回数が減ってきました。

トゲアリ171013b
でもまだ完璧ではありません。

トゲアリ171013c
栄養交換も頻繁に行うようになり、腹部が大きくなってきました。

やっぱりトゲアリは面白いですね。

入山も・・・、心折れる

171008a.jpg
カギバラとか、ノコギリとか、ヒメナガとか、そんなのが見られたらいいなと思って、先週末山の中へ入りました。
ところが・・・。

171008b.jpg
衣服につく種子たち。ぺたぺたぺた。
種類は分からないけど、手で掃えば落ちる。これくらいはいい。


171008c.jpg
問題は・・・お前だ。
密度が濃いわけではないけど、まんべんなく生えている。
以前キノコ狩りでやられたことがあるから、覚えているよ、チヂミザサ。

チヂミザサ1
葉っぱはこんな感じ。

チヂミザサ2
これがすごい。トリプルなトゲと、ねばねば液体により確実に付着し、外れない。
服と、靴が駄目になります。外しても繊維にトゲが残るんです。手もベタベタです。

アリ探しは即終了しましたとさ。

ウラナミシジミ

ウラナミシジミ
この季節によく見かけるウラナミシジミ。
いつも見るシジミチョウはヤマトシジミ、ベニシジミ、ウラギンシジミの3種なので、それ以外のシジミが見られるとちょっぴり嬉しい。
プロフィール

スラダケ

Author:スラダケ
日本産アリ類画像集

過去のブログ(2005-2007)
蟻道(かなり前のありんこ日記)

動画
YouTube

お知らせ

カテゴリに好蟻性生物を追加しました(6/14)。

過去記事を復旧しました。(1/25)


・当サイトの画像、および内容について、無断使用・複製することを禁じます。
©スラダケ

NEWS
カウンター
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
便利グッズ

99プロテインゼリー(白) 16g 50個(クワガタ・カブトムシ高タンパク昆虫ゼリー)安心の日本製「あす楽対応」

価格:675円
(2016/9/4 16:38時点)
感想(44件)

テラオカ スチロール角型ケース No.19 [10個入] :24-0690-47

価格:1,285円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)

テラオカ スチロール角型ケース No.26 [10個入] :24-0690-54

価格:2,851円
(2017/1/23 15:46時点)
感想(0件)


【国内正規品】 LAOWA マクロ フラッシュ デジタル一眼レフ対応 KX-800 LAO0010

新品価格
¥37,422から
(2017/1/23 15:39時点)

アリの巣の生きもの図鑑

日本産アリ類図鑑

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック